Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

リアルと追跡 

 映画『勇気ある追跡』の中でジョン・ウェインは馬にのり、手綱を口にくわえ、右手にライフル左手に拳銃という離れ業で、一直線に敵に向かっていった。あの四対一の戦いに今の感覚で言うところのリアリティはなかったと思う。が、それでも映画的迫力に満ちていた。颯爽としたジョン・ウェインがそこにいた。いろいろと物議をかもす発言もあったが、ぼくはジョン・ウェインが好きだった。今も好きである。
『トゥルー・グリット』と名を変えた『勇気ある追跡』は、実際にあの時代がそうであったかのような画面の中で、実際にあの時代を生きていたようなならず者たち(犯罪者も保安官も)が戦いを繰り広げていた。しかし、颯爽としたジョン・ウェインの入り込む余地はそこにはなかったように思う。今は西部劇といえども絵空事は描きにくい時代になったのだろう。ジョン・ウェインが演じたルースター・コグバーンは酔いどれの中年男というわりには、いま思い返してみるとずいぶんまともに見えた。少なくとも風呂には――毎日ではないにしても週に一回くらいは、入っていそうな初老の男だった。今回、ジェフ・ブリッジスが演じたルースター・コグバーンは、ただただ薄汚く、ろくに風呂にも入らず歯も磨かない、匂ってきそうなどうしようもない酔いどれおやじだった。どちらがよりリアルか、比べるまでもない。
 映画は大好きなコーエン兄弟の作品ということもあり、しっかり楽しむことができた。
 ついでのことに原作も読んでみた。恥ずかしながらウェスタン小説にはこれまでとんと縁がなくずいぶん昔にジャック・シェーファーの『シェーン』を読んだきりだった。そもそも日本にはウェスタン小説というジャンルそのものがあまり入ってきていない印象がある。あくまでもぼくの個人的な印象で、
「いや、そんなことはない、けっこう入ってきている」
 と、いわれれば、反論のしようもないが、とにかくウェスタン小説はあまり入ってきていないということで、話をすすめることにする。
 ウェスタン小説の輸入は少ない。これを事実としても、事情はわからないでもない。たとえば時代劇小説だ。名作傑作数多あるが、日本という国の過去を描いているという点で万人受けするとはさすがに思えない。時代劇と西部劇、どちらがより広く世界に認知されているかとなると、やはりアメリカというスーパーパワーを背負った西部劇の方に軍配が上がるのだろう。とはいえ、今から百年以上前の他国の過去の物語に、人々がそれほど熱狂するとは思えない。
 しかし、今回『トゥルー・グリット』を読んでみて、ずいぶん印象が変わった。なんというか思っていたほど古くないのである。何が? 物語の背景となる時代がである。
 いつかも書いたことがあるが、西部劇の時代を日本の時代に置き換えると、天保時代のイメージがある。木枯し紋次郎や座頭市がいた時代だ。が、実際は明治の頃で、法制度もそれなりに整っていたし、警察機構もそれなりに整備されていた。開拓時代というと荒っぽいイメージがあるし、実際に荒っぽかったのだろうとは思う。とはいえ日本から比べればよほどアメリカの方が文明国だった。これもまた事実だろう。それに荒っぽいという点を誰もが銃をもって、いつどこで銃撃戦がはじまっても不思議ではないという点にだけ求めれば、アメリカは今も昔もそれほど変わっていないということになってしまいそうだ。
 たとえばこの小説の舞台を1880年代とすると明治13年ごろだ。わが日本では文明開化を寿いでいたころだ。わずか13年前はまだ立派な江戸時代だった。山田浅右衛門の九代目、山田吉亮が最後に斬首を行ったのは明治12年だったと記憶している。
 日本で斬首の刑が執行されていたころ、アメリカでは弁護士のつく裁判が当然のように開かれ、法的な駆け引きがあり、すでに麻薬を取り締まる法律まであった。民主党と共和党の対立まであったのだ。西部劇というのは実はそんなに昔のお話ではないのだということがよくわかった。
 日本人の目から見れば『トゥルー・グリット』は遠い昔の少女の復讐劇などではなく、つい最近――というのはいくらなんでも言い過ぎだが――とにかく、今の時代と地続きの時代におきた犯罪者の追跡劇という感じさえしてくる。ジョン・ウェインの入り込む余地は、原作にもなさそうな気がするのが残念だ。
スポンサーサイト

カテゴリ: 映画

テーマ: 洋画 - ジャンル: 映画

[edit]

Posted on 2012/02/08 Wed. 21:31    TB: 0    CM: 2

この記事に対するコメント

こんばんは。

先日ネットで「甦る幕末」という写真集を購入いたしました。
紋次郎が生きていたかもしれない時代を、客観的に見たかったからです。
そこには当時の宿場やちょんまげの人物、日本髪姿の女性などリアルな幕末がありました。
思わず、初老の紋次郎が写っていないか探したぐらいです(笑)。

衝撃的だったのは「さらし首」!
たかだか150年前なんですが、現在の日本の姿と比較すると、あまりの違いに驚くばかりです。

西部劇の時代が、そう遠くない過去だったということを初めて知りました。
イメージが先行していたんだなあ、と思います。

日本の時代劇と西部劇。
テレビドラマから時代劇が姿を消しつつありますが、アメリカでの西部劇はテレビで放映されているのでしょうか?
私の中では、ジョン・ウェインは三船敏郎なんですが、アメリカでの位置づけはどんな感じなのでしょう?

URL | お夕 #wikz35BA

2012/02/09 22:44 * 編集 *

Re: タイトルなし

 コメントありがとうございました。

 ぼくも《さらし首》の写真を見たことがありますが、あれは衝撃的ですね。当時日本にきていた諸外国の人たちは仰天したのではないでしょうか。街中に人の生首が置かれている光景は、他国――特に当時の先進国にいてはなかなか想像できるものではなかったと思います。
 ぼくは日本人ですので、当時も今も日本は豊かな文化を持っていたと固く信じて疑いませんが、物事の尺度が当時の国際社会とは大きくかけ離れたある種の異界であったことは事実かと思います。
 で、西部劇ですが、一般に西部劇というのは南北戦争後から二十世紀直前くらいまでのことらしいですね。1860年代から1890年代ごろということでしょうか。あの『ワイルドバンチ』は1913年が舞台でした。第一次世界大戦は1914年。この時代設定には驚きました。最後の西部劇と言われていたと記憶していますが、それにしても最近のお話ですよね(笑)。
 アメリカのテレビ界における西部劇事情は寡聞にして知りませんが、日本の時代劇と似たような状況なのではないでしょうか。放送していたとしても、スペシャルドラマ枠とか、そんな感じではないかと思っています。これはぼくの勝手な想像です。

 そして、ジョン・ウェイン――タカ派でリベラルとは大いに距離があった人だと思いますが、好きでしたねえ。でもやはりジョン・フォード作品の彼が一番好きです。この人は拳銃よりもウィンチェスターがよく似合いました。何といってもでかいですから。
 黒澤明はジョン・フォードを大いに尊敬していましたからジョン・フォード=ジョン・ウェインは黒澤明=三船敏郎ということになるかと思います。ただ、三船さんの方が鋭い印象がぼくにはあります。お国柄が出るのでしょうか、ジョン・ウェインという人は実に大雑把というかおおらかな感じがして、いかにも『ミスター・アメリカ』みたいな印象があります。翻って若き日の三船敏郎は、『椿三十郎』ではありませんが、抜身の鋭さがあったように思います。あの『生き物の記録』の老人を演じてさえ、鋭さのようなものを感じます。
 もっとも鋭い三船敏郎は、あくまでも黒澤明の演出の結果――あの凄い素材を生かしきれる監督と出会えてはじめて生きるわけで、テレビドラマなどに登場する三船敏郎は、なんとういか……? みたいなところも正直ありました。
 ジョン・ウェインという人がアメリカで実際にどのように思われていたかは残念ながらわかりませんが、入院中に当時現職の大統領ジミー・カーターが見舞いにきたそうですから、好き嫌いはあると思いますが、やはり大物だったんだと思います。それも並みの大物ではなく、超大物だったのではないでしょうか。晩年は俳優という存在を越えてしまっていたのかもしれません。
 前にもこのブログで書きましたが、ジョン・ウェインというのは芸名で、本名はマリオン・ロバート・モリソンといういかにも優しい名前でした。その優しい名前が示すように、実際のジョン・ウェインは男の中の男というよりも、力持ちで頼りになるけれど、どこか不器用で気弱な大男みたいな感じがどうしてもぼくの印象からは消えません。彼を見出したジョン・フォードはそのあたりのことがよくわかっていたような気がするのですが、本人はもしかすると自分の本質みたいなものがわかっていなかったのかなと、勝手に思ったりしています(笑)。

URL | le_gitan #-

2012/02/10 19:01 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/326-f5284d4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。