Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

王の剣 

 とんでもないタイトルをつけてしまったが、何のことはない大河ドラマ『平清盛』についてである。何でも初回視聴率がワースト3に入ってしまったらしい。それはかまわない。ぼくは視聴率に興味がない。視聴率が高くても面白くないドラマはいくらでもあるし、その逆も、もちろんある。
 しかし、そのことと今回の大河ドラマが面白いかどうかはまた別の話しである。
 その前に、いきなり話はかわるが王によって引き抜かれる大剣はエクスカリバーと相場が決まっている。岩に刺さった大剣を引き抜くのはもちろんアーサー王だが、今回はそれが平清盛だった。アーサー王伝説をどこかで意識していなければあんな場面は出てこない――と思うが、どうだろう。平清盛をアーサー王に重ねて描こうとした狙いが製作者にあったように思えてならない。しかし、その狙いが成功したかどうかは、微妙だと思う。
 大河ドラマが『平清盛』に決まったときいたときに、真っ先に思い出したのが黒澤明だった。黒澤明は『平家物語』を映画化したかったそうである。タイトルは忘れたが、何かのインタビューでそう話しているのを読んだことがある。
『平家物語』ときくと古色蒼然という印象がぼくなどにはあるが、黒澤明にとって平家物語は『戦争と平和』だったようだ。平家の公達が戦って戦って戦い抜いて滅びていく。ぼくなどには琵琶法師が語る陰々滅々とした物語というイメージがあるが、黒澤明の頭の中では荘厳な悲劇がダイナミックに動いていたようだ。もし映画化されていれば、豪華絢爛だった『乱』の何倍もの華麗さとリアリティを併せ持った映像だったかもしれない。そう思うと撮ってもらいたかった気がする。今回の『平清盛』を眺めつつ、その思いをいっそう強くした。
 NHK大河ドラマの『平清盛』はどこかで黒澤明が描きたかった『平家物語』を意識しているような気もするが、このあたりは素人の勝手な思い込みである。素人の勝手な思い込みであることを承知でいえば、リアリティのある平安時代を背景に荒々しい武家の棟梁としての清盛像は、もしかすると生きていれば黒澤明が描いたかもしれない『平家物語』の一場面であったかもしれないという気がするのだ。
 時代劇を観るときの僕の悪癖は、黒澤明をどこかで意識してしまうことだ。NHKが描く今回の平清盛は、黒澤時代劇テイストの背景に、アーサー王伝説からちょいと場面を拝借して、従来通りのNHK大河ドラマのストーリーで構成した。そんな感じである。従って、もしこのドラマに問題があるとすれば、汚い平安ではなく、ご都合主義のストーリーではないかと考えたりする。
 幼い清盛が屋根に上れば追いかけてきた弟が落ちて、義母の本音が剥き出しになり、傷ついて街に出れば、かつて義父が殺した盗賊の子どもにばったり出会い出生の秘密を聴く。雨にうたれてしょぼくれていると、彼の惨めさを引き立てるように野良犬が走っていく(ちなみに雨で惨めさを強調させたのも黒澤明で『素晴らしき日曜日』のときにこれをやったと記憶している)。やっと雨が上がったかと思えば今度は自分の可愛がっていた犬の死体を発見する。大泣きしていると、そこに都合よく彼を探していた義父が現れ、
「弱いから死んだのだ! お前は弱い犬だ!」
 とか叫び、いきなり大剣を引き抜いて、
「どうだ! 抜いてみろ!」
 といわんばかりに地面に突き刺して去っていく。で、後はアーサー王伝説である。いったい何をしたいのだろう……。
 ここまで材料を揃えて、この展開はないだろうと思えてくる。画面が汚いという批判もあるらしいが、リアルな平安を描こうとした心意気はけっこう好きだ。以前、このブログで実録忠臣蔵を観てみたいと書いたこともあり、リアルな時代劇――というか時代劇と歴史劇の中間に位置するようなドラマを見たいとは思っていた。
 ではあるが、せっかくここまでやって悲劇も喜劇も、あまりに都合よく訪れる展開は何とかならないかと思えてくるのだ。
 このドラマに足りないものは、本当はなんだろう。ずっとそれを考えている。
スポンサーサイト

カテゴリ: テレビドラマ

テーマ: 大河ドラマ - ジャンル: テレビ・ラジオ

[edit]

Posted on 2012/01/11 Wed. 08:58    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/324-176a76db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。