Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

大晦日 

 いよいよ、今年も終わりである。この時期になると思いだす曲がある。『大晦日』という曲で、作詞は岡本おさみ、作曲は吉田拓郎、そして歌ったのは桜井久美さんだった。ちなみにこの方は《くみ》と読むのではなく《ひさみ》と読むらしい。
 この人が歌った曲でぼくがよく知っているのは『おはよう』という曲だが、肝心の『大晦日』という曲は、昔ラジオのCMで聴いて、それ以来年の瀬になると気になるのだが、いまだにちゃんと聞いたことがない。古い昔にCMで聴いただけの曲を好きだというのも変だが、とにかく好きである。
 では、絶対に聴くことができないかというとそうでもない。youtbeで昔『風になりたい』を歌った川村ゆう子さんが『上を向いて歩こう』と『大晦日』を歌っているから聴くことはできる。だが、こちらの方は歌詞がよく聞き取れない。そのことがとても残念なのだ。岡本おさみさんの詞はじっくりとききたい。
 それに、川村ゆう子さんはとても好きな歌手だが、ぼくが聴きたいのは、あくまでも桜井久美さんの『大晦日』であるという点も重要だ。
 とにかく今年も一年が終わる。日本にとって厳しい年だった。いや、過去形でいってはいけない。厳しさはいまも続いている。過酷といってもいい状況に、今も多くの人々がおかれ、苦痛のなかで、古い年を送りだし、新しい年を迎え入れようとしている。人の思いには関わりなく時は過ぎていく。残酷なものだと思う。
 ずっと前にFMラジオで一種の歌謡ドラマのよな番組があった。新しく発売されたアルバムを取り上げ、そこにおさめられている曲をモチーフにした物語を女性DJが語るという趣向で、厳密にいえば歌謡ドラマではないのかもしれないが、他に言いようがないからそういうことにしておく。とにかくいかにもFM(当時の)らしい番組だった。
 余談だが、その番組で長谷川きよしさんのアルバム『After Glow』が取り上げられたことがあった。
「二人は星を持たない男と女だった」
 という語りと共に短い物語が語られ、その時流れた曲があの名曲『一言』である。印象的なピアノのイントロに続き――「心配しているなんて、あなたらしくもないわ」と歌われるあの曲は掛け値なしの名曲だと、今もかたく信じている。
 それはさておき、その番組のなかで大晦日についてこんなセリフが出てくる――と、ぼくは記憶しているが、あるいは間違っているかもしれない。
 新しい年がくるといっても今日が明日になるだけのこと。
 確かにそうなのだ。新しい年を迎える。しかし、夜が来て朝が来る。ただそれだけのこと――といってしまえばその通りである。
 世間には大晦日も元旦も無関係で働き続けている人々が少なからずいる。知り合いにも12月30日まで働き、31日だけかろうじて休み、1月1日から5日まで働くという人がいる。ほんとうにご苦労様である。世界は天才によって支えられているのではなく、そういった地味に、しかもたゆまず働き続けている人々に支えられているのだとあらためて思ったりする。我が身を振り返ると実に忸怩たる思いにかられたりもする。
 とにかく、大変な年が終わる。
 来年がどんな年になるのかわからないが、
「我々にとって良い年でありますように」
 そう祈らずにいられない。
スポンサーサイト

カテゴリ: 日記

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

Posted on 2011/12/30 Fri. 22:47    TB: 0    CM: 2

この記事に対するコメント

良いお年を

お邪魔します。

今年一年、いろいろお世話になり、ありがとうございました。

le_gitanさんのブログは、いつも楽しみにしています。
大人の知性とウィットに富んでいて、こんな文章が書ければいいなあ、と憧れています。

昨日の続きが今日、今日が終われば明日になるだけ……。
紋次郎にとっては大晦日も正月もなく、放浪の街道が目の前にあるだけ……。
しかしいつの世も、それと変わらない生活を送っている人は存在するもの。
特に今年は、そんな人が多かったのではないでしょうか。

明けない夜はないと言いますが、明るい年がやってくることを願います。
le_gitanさんも良き年をお迎えください。

来年もよろしくお願いいたします。

URL | お夕 #wikz35BA

2011/12/31 11:34 * 編集 *

Re: 良いお年を

 新年、明けましておめでとうございます。
 昨年暮れにコメントをいただきながら、遅れに遅れ、年が変わってしまったことをお詫びします。
 それから、過分なほめ言葉、ありがとうございました。照れます……。

 時代劇で印象に残っている年越しの場面があります。高橋幸治さん主演の『宮本武蔵』だったと思いますが、そのなかで武蔵がひとり野宿をしながら正月を迎える場面がありました。たしか親戚からもらったものだと思いますが、焚火で餅を焼きながら、除夜の鐘を聴きつつ、
「おれの正月か……」
 と、つぶやく場面があったと記憶しています。武蔵のような放浪者が実際にどんな正月の迎え方をしたのかわかりませんが、いかにもありそうな場面で印象に残っています。
 生まれついての放浪者、木枯し紋次郎はどんな年越しをしたのでしょうか。大いに興味があります。もっとも今日一日だけの人生と思っている紋次郎には、一年の区切りなど世間様の話しで、それこそ、
「あっしには関わりあいのねえこって」
 と、いうことになるかもしれません。お餅も、紋次郎にとっては携帯食でいつも食べていたような気配がありますから、正月に食べても特別な気持ちにはならなかったでしょうね(笑)。
 ときどき思いますが、今の日本は木枯し紋次郎状態ではないかと……明日が見えないまま漂流しているようなものです。
 しかし、紋次郎は明日に期待はもっていなかったかもしれませんが、今日一日だけは必死で生きようとしていました。我々というか、日本は見習わなければならないかもしれませんね。
 本年もよろしくお願いします。

URL | le_gitan #-

2012/01/06 10:21 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/323-c49fe673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。