Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

家政婦を見た 

 われながら実にあざといタイトルをつけたものだと、いささか忸怩たる思いがある。元ネタが見えみえだ(笑)。
 しかしそれをいえば元ネタの『家政婦のミタ』だって同じだ。タイトルだけをみれば『家政婦は見た』のパロディだ。もしかするとあのドラマは、タイトルから先に生まれたのかもしれない。
 笑われるのを承知で書くと、あのドラマ――『家政婦のミタ』をはじめて見たとき、これはSFドラマだと確信した。本当の話しである。松嶋さん演じるあの家政婦は未来からきた猫型ロボット――ではない家政婦型ロボットに違いないと信じていた。あの無表情、抑揚のない話し方、声の調子はいつも同じ、
「やりすぎだよ、松嶋さん」
 と、思わず突っ込みをいれたくなるほどにアンドロイド的だった。このドラマの松嶋さんを見ていると、美人の構成要素のなかの表情という項目は、かなり大きな比重を占めているのだとわかる。
 あの物語は色々な見方ができるが、ようするに『ドラえもん』である。のび太君はもちろん長谷川さん演じるあのダメおやじだ。家政婦型ロボットのミタさんは四次元ポケットのようなドクターズバックから、みんな(この場合は家族)が欲しがるものを何でも取り出してくれる。しかし、ただひとつ彼女にも取り出せないものがある。それは家族の絆――なんて勝手に想像していた。
 しかし、夜の十時台に『ドラえもん』を持ってくるというのはどうだろうと、観ている方としてはいささか心配していた。SFドラマである。あの時間帯に未来からやってきた家政婦型ロボットが活躍するドラマを放送して視聴率など稼げるはずがない……。
 ぼくは馬鹿である。さすがにそれはないだろうと思いつつ、しかし、半ばそういう落ちがあるのではないかと本気で考えていた。
 たしかに馬鹿ではあるが、そう思えるほどに、あの家政婦は人間離れしている。ドラマが面白くないとは決していわないが、彼女が人智を超えた存在であることはまちがいない。デフォルメされた人間像――というにも強烈過ぎて、また、
「やりすぎだよ、松嶋さん」
 と、苦笑が浮かぶ。
 ある種のスーパー家政婦さんが活躍する物語といえば、幸田文さんの『流れる』がある。もちろんこちらは小説的日常の中の住人なので、さすがに四次元ドクターズバックはもっていないが、それでも厄介な家にやってきて山積する問題をてきぱきと片づけていくあたりは、どうしてどうしてミタさんに負けない見事な家政婦ぶりである。
 こう考えてみよう。家政婦のミタさんは、ある種の理想だ。その昔、レイモンド・チャンドラーは自身が産みだしたヒーローであるフィリップ・マーローについて、存在したこともなければ存在することもできない、彼はある種の可能性であり理想である――とか、たしかそんなことを語っていた気がする。ようするに理想にトレンチコートを着せてみたといっているわけだ。理想にエプロンをつけさせたのがミタさん、そう割り切れば、家事から物真似まで何でもこなすスーパー家政婦ぶりにも納得がいく。
 理想的な家庭の裏側を描いた傑作といえば、山田太一さんの『岸辺のアルバム』を思いだす。こちらはリアリティ満載だった。ある種の理想を擬人化するような真似はせず、ひたすら生々しく崩壊していく家庭を描き切った。
 これも時代の変化だろう。ホームドラマを描いてすら、いまのドラマはどこかにSFの匂いがする。どこかに非現実の匂いがするのだ。あんな人間がいるはずがない。そう思えてしまう登場人物が少なからず登場する。
 もちろん、それが悪いといっているのではない。それはそれで結構面白い。ドラマは結局、時代のものである。たぶん、いまのドラマが一番いい(ちなみにこれは、淀川さんのパクリである)。
 あのドラマのなかで、おっさんのぼくが一番共感できるのは、やはり、長谷川博己さん演じる《のび太君》親父である。あの情けなさはぼくに通じる。そして、好きなキャラクターは《うららちゃん》だ。
スポンサーサイト

カテゴリ: テレビドラマ

テーマ: テレビドラマ - ジャンル: テレビ・ラジオ

[edit]

Posted on 2011/12/03 Sat. 20:29    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/322-1da1637c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。