Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

新しい器 

 原作をそのまま映像化することはもはや不可能だということはわかっていた。小説『砂の器』のもっとも重要な部分を映像化できたのは、松竹映画『砂の器』だけだった。以後の映像化はすべて物語の核ともいうべき部分にアレンジを加え映像化している。時代が変わったということもあるだろう。古典落語と同じだ。『砂の器』をそのまま映像化しても、理解できない人が今ならいるかもしれない。
 しかし、そういったこととは別に原作をそのまま映像化することで不快な思いをする人たちがいる。そんなことは鈍感なぼくでも察しがつく。表現には常に責任がつきまとう。表現の自由はもちろん大切で基本的にはどんなことを表現してもよいとは思う。が、その一方でどんなことにも限界があるような気がする。
 悪意はなくとも人を傷つけることがある。それが善意から、あるいは現状を変えたいと願う思いから出た言葉であっても、人を傷づけることがある。物語の核となる部分を変更するのは原作権を持つ松本家の意向でもあったという。
 田村正和さんが犯人を演じた『砂の器』では放浪の理由を父親が心を病んだためとしていた。1991年版は観ていない。2004年と今回の作品は親子の放浪の理由を犯罪、もしくは冤罪に求めていた。それはそれでもっともなことだと思いつつも、『砂の器』が『砂の器』である理由を放棄していることも事実だ。これは決して批判ではない。断っておくがぼくは松本家の姿勢を全面的に支持している。
 ただ――『砂の器』の映像化は諦めた方がいいのではないだろうか。映像化したくなる魅力を持つ原作ではあるが、物語を描ききれないと最初からわかっているのであれば、手を出さないほうが賢明だ。
 今回の『砂の器』を一言でいってしまえば『野良犬』である。もちろん、これはぼくの勝手な思い込みで、
「え? 違うだろう」
 と、思う人がいても別にかまわない(笑)。
『野良犬』はいうまでもなく黒澤明の名作刑事ドラマである。あのドラマの骨格はその後の刑事ドラマに大きな影響を与えた。というか日本の刑事ドラマはあの映画がはじまりだったという気さえする。ちょうど『酔いどれ天使』がその後の実録系やくざ映画に影響を与えたようなものだ。思えば黒澤明はほんとうに偉大だった。
 同じような境遇で育ったふたりが別々の人生を歩み、やがて刑事と犯罪者となって出会う。『野良犬』においてそれは復員兵だった。復員時に荷物を盗まれた二人の男がひとりは刑事になりひとりは犯罪者になる。正反対の人生を歩むのである。
 今回の『砂の器』ではそれが戦災孤児だった。
 厳密にいえばひとりは戦災孤児とは言えない。だが、幼少期に辛酸を舐めて育った二人の男の葛藤が物語の核になっていた。まさに『野良犬』の設定だ。
 物語は昭和三十五年、もう戦後とはいえないが、戦争を知っている世代がまだ現役だった時代だ。もう戦後とはいえないと書いたが、2011年――平成23年の今から見ればあの時代はまだ十分戦後である。敗戦から数えてたった十五年しか経っていない。戦後の混乱期を舞台に描いた刑事ドラマ『野良犬』の影が、物語全体に色濃く落ちているように見えてもさほど不思議ではないのかもしれない。
 どんな物語でも大きな物語の一部だというが、今回の『砂の器』を見ているとその言葉の正しさを実感する。その気になれば、どんな物語でも融合可能なのだ。既存の物語を組み合わせて、新しい物語を生み出すこともできる。というか多くの作家がそれをしている。そうやって生み出された新しい物語も、すでにある物語だ。しかし、だからこそ見る者を刺激し、感動させ、何かを気づかせ、作者が巧妙に隠したテーマを発見させる喜びを、読者や観客に与えることができる――と、そんな気がする。
『砂の器』の脚本を書くにあたってシナリオライターの頭の隅に『野良犬』があったのかどうか。
 それはわからないが、少なくともこれまで何度も映像化されてきた『砂の器』を映像化するにあたって、皆と同じことはしたくなかったのだろう。
 若くてイケメンの玉木宏さんが出演することもあり、彼をメインでという製作者側の意向もあったのかもしれない。
 背景などはぼくに窺い知る由もないが、原作では脇役だった若い刑事に人生を語らせることで、物語に強い陰影を与えようとしたのだろうか。
 それが成功したのかどうか、素人のぼくにはわからない。
 その作品が面白いかどうか、好きか嫌いかは、結局個人の好みによるところが大きい。
 松本清張という人の作品は淡々としている。どんな事件を描いても、無用に人の感情を煽り立てるような書き方をしない。小説を読んでいてもドキュメンタリー風というか、あたかも自分が足を使って調べた事実だけを書いているかのように、静かに筆を進めていく。
「好みの問題ではない、それが事実なら受け入れるしかないだろう」
 といわんばかりの、突き放した文体だ。諦観が漂っているような文体だともいえる。
 現実は劇的ではない。自分の日常を考えてみてもそれはわかる。生きるということはいってみれば一種の惰性で、であるからこそ、心穏やかに生きていられるともいえる。
 前にも同じことを書いたがもう一度――年齢がばれそうで怖いが、ぼくの周りには戦争にいって、銃をとって戦ったという人たちがたくさんいた。いまもいる。
 その人たちは特別な人間ではい。戦争という悲惨な体験をしたからといってドラマチックな人間になるとは限らない。戦争という究極の暴力行為に参加した人々でさえ、誰でもランボーになるわけではないのだ。実感としてぼくはそう思う。
 おそらく多くの人間は、たとえ刑事になったとしても取調室で自分の悲惨な人生を犯人相手に披瀝したりするとは思えないし、そういった人物像は松本清張さんの好みではないような気がするのである。普通であることを面白いドラマにする。そこに松本清張さんの真骨頂があるように思える。
 今後、何度『砂の器』は映像化されるのか、大変興味がある。ただ、何度映像化されても松竹映画『砂の器』のインパクトは超えられないような気がする。何度も映像化されるルパンⅢが、結局『カリオストロの城』の呪縛から逃れられないのと同じことだ。

※ 女性記者についてはなにもいいません。中谷美紀さんは好きな女優さんですから(笑)。
スポンサーサイト

カテゴリ: テレビドラマ

テーマ: 雑記 - ジャンル: 小説・文学

[edit]

Posted on 2011/09/17 Sat. 07:42    TB: 0    CM: 2

この記事に対するコメント

奇跡

お邪魔します。

「砂の器」は松竹映画版しか観たことがないんですが、当時の感動は今も覚えています。…`というか、映像と音楽にインパクトがあったんですが、あの親子の放浪の旅は泣けました。
早速LPレコードも買って、あのメロディーを耳コピーして、ピアノで弾いていた若き日を思い出します。

私は病気のことについては知識があまりなく、一緒に観た母親から教えられ、初めて概要を知りました。

どんな作品でも、絶対に越えられないものがあるんだなあ、と思います。
私にとっては、1972年の「木枯し紋次郎」なんですけどね(笑)。

作品というのは、その時代、その背景、そのスタッフやキャスト、といろんな偶然が積み重なって、奇跡的に生み出されるのではないかと思います。
またそれを観たときの自分の年齢、境遇、環境、心情がどうだったか、もあるでしょう。

奇跡は何度も起こることはありませんから、リアルタイムに目の当たりにできた者は幸せ者だと思いますね。

URL | お夕 #wikz35BA

2011/09/23 23:53 * 編集 *

Re: 奇跡


 お返事が遅れまして、まことに申し訳ありません。

 お夕さんも松竹映画『砂の器』をリアルタイムでご覧になりましたか。同じ時代を過ごしてきた方が、ここに来てくださったことに感動しております。
 あの映画の脚本は橋本忍さんと山田洋次さんでした。その山田さんに『映画をつくる』だったかそんなタイトルの著作がありまして、そのなかで『砂の器』の脚本執筆当時のことを記しておられます。
 山田さんは原作読み、その面白さに感動したものの、この長い原作をどう映像化するか頭を抱えたそうです。しかし、橋本忍さんはさすがなもので、
「確かに長い小説だが、この小説にはたった一ヶ所いいところがある」
 と、言われたそうです。この場合の「たった一ヶ所いいところ」というのは原作がだめだということではなく、映像に向いた部分が一ヶ所だけあるという意味だとぼくは解釈しています(笑)。たぶん、その解釈はまちがいないだろうと思っていますが。
 で、そのたった一ヶ所のいいところというのが、親子の放浪について書かれているところだったわけです。原作に登場する親子の放浪は、一行か二行でほんとにさらりと触れているだけですが、そこに目をつけた橋本忍さんはさすがです。
 あの長大な小説のなかからその一行か二行を選び、その部分を膨らませることであの衝撃と感動を与えたわけです。
『砂の器』は掛け値なしの名作だと思います。ただ、どんな名作も時代の変化には従わざるをえないということがよくわかります。リメイクするにしてもあのままを映像化できないという制約があり、結局、小説『砂の器』の映像化は松竹映画『砂の器』に尽きるということになってしまいました。ぼくはそれでよかったと思っています。いま原作を忠実に映像化してもおそらくあの時ほどの感動は与えられないだろうと思いますから。それに、なんといっても時代が違います。

 お夕さんの仰る通り、絶対に越えられないものがあるんですね。
 ちなみにぼくにとって越えられないものは『追跡』のなかのリヤカーに棺桶の場面です。紋次郎と同じ中村敦夫さん主演のドラマでした。もちろんご存じだと思います。
 青年が長い坂道を棺桶を積んだリヤカーを引いて降りてくる、そこにNSPの『さよなら』が流れる。あの場面だけはぼくのなかで『生きる』のブランコの場面よりも悲しみでいっぱいになる場面です。
 実は、越えられないものは『傷だらけの天使』と書こうかと思ったのですが、じっくり考えてみるとやっぱり『追跡』のあの場面でした。

URL | le_gitan #-

2011/09/27 21:37 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/318-3af18866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。