Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

はたしてカスバに雨は降るのか 

 いったいどれくらいの人が覚えていてくれるのかわからないが『カスバの女』という歌謡曲がある。『夜の銀狐』に並ぶほどの名曲としてぼくの中では位置づけられている。
 余計な告白かもしれないがぼくはめったにカラオケに行かない。というかほぼいかない。自分から行くということはまずない。世間のしがらみで、もはやどうにも拒否することができないというそのときにだけ行くことにしている。そんなとき、歌うのはほぼ決まって『夜の銀狐』である。
 もちろんぼくのカラオケ嫌いにはちゃんとした理由がある。下手でも一応楽器は弾くから音楽的な素養はあるほうだと思っている(笑)。が、歌となるともういけない。音痴ではないと自分では思っているが、悪声なのだ。それほどでもないといってくれる人もいるが、どうもお世辞かはたまた同情から発せられた言葉のようで、その言葉だけは信じられない。人前で歌うことにぼくは臆病である。カラオケ全盛の時代にこういう可憐な人間がいてもいいはずだ(笑)。
 個人的な問題はさておくとして、『カスバの女』に話を戻す。この曲を隠れた名曲といっていいのかどうかわからないが、『夜の銀狐』と並びある世代の人たちの間ではよく歌われている曲――と思っている。カラオケ事情にとんと疎く、実際にはどうなのかわからないのだが、ぼくのなかではおじさんたちの愛唱歌みたいな位置づけであるのはまちがいない。もしかするとおじいさんに近づきつつあるおじさんたちかもしれないが。
 いつだったか中村中さんがこの曲をライブのオープニングにアカペラで歌ったことがあるときいたことがある。それは見事なものだったとあちこちで読んだ。聴いてみたかったと思っている。
 この曲は――

 涙じゃないのよ 浮気な雨に
 ちょっぴりこの頬 濡らしただけさ

 という歌い出しである。実はこれが気になって仕方がなかった。アルジェリアといえば条件反射的に砂漠を思いうかべてしまうのである。
 ――そんなところに雨は降るのだろうか。
 と、いうのが素朴な疑問だった。少し調べればわかりそうなものなのだが、実生活にさほど影響を及ぼすことでもないし(というか全く影響がない)、そのまま放置しておいた。
 もうひとつ気になっていたことは、最初にこの曲を歌った方のことである。エト邦枝という名前を見てどういう人だろうと興味津々だった。ご両親のどちらかが海外の方かと思わせる名前だが、フランク永井とかジェームス三木とかいう芸名と同じだろうと思っていた。ジェームス三木さんはあの脚本家のジェームス三木さんである。脚本家としては一風変わったペンネームだが、歌手時代の名前をそのまま使っているということだった。
 当時、こういった――なんというか外国風の芸名がわりと流行っていたとテレビで仰っていたのをきいたことがある。。
 驚いたのはエト邦枝だという方が、帝国音楽学校出身だったということを知ったときだった。藤原歌劇団に所属していたこともあるというから、クラッシクの勉強をされた方だったのだ。
 驚いたと書いたが、当時の歌手の方はこういった経歴の方が多い。あのブルースの女王淡谷のり子さんも、クラッシクをしっかりと学んだ方だったというのは、誰でも知っている話である。十年に一人のソプラノ歌手と呼ばれたそうだから、その実力のほどはわかろうというものだ。
 エト邦枝さんの歌声はYouTubeでも聴くことができる。ぼくが見た映像は当時の盛り場の映像にエトさんの歌声が流れるというものだった。白黒の映像をみていると、この歌が発表されたのは昭和三十年だが、それ以前の時代――『麻雀放浪記』のころを思い出してしまう。
 エト邦枝さんは、ヒット曲にも恵まれず、不遇なまま歌手生活を終えられたようである。このあたりはネットでいくらでも拾える情報だから詳しく書かないが、晩年は観光バスガイドさんの指導をされ、自宅でカラオケ教室を開いておられたということだった。
 ここまで『カスバの女』について書いてきて、いまさらという感じもしないではないが、ぼくはこの曲が大好きである。
 もちろんカラオケにめったに行かないぼくが歌うことはないし、よんどころない事情があってカラオケに行くときは初めに書いた通り『夜の銀狐』を歌うことにしている(笑)。
 なぜ『カスバの女』が好きなのか。この曲をきいて思い浮かべる映画があるからだ。それも二本ある。
 ひとつはもちろんあの『モロッコ』だ。これはまあ、しかし、至極当然なことでこの曲自体があの名作をモチーフに書かれたのではないかと思えるほどイメージがダブっている。勝手な想像だが、おそらくそう外していないと思っている。
『モロッコ』のラストはあまりにも有名だ。ヒロイン=マレーネ・ディートリッヒが恋人を追って、裸足で砂漠を走っていく。
 しかし、当地モロッコの人々はあの場面を見て笑ったそうである。炎天下の砂漠を裸足で歩けるわけがないというのがその理由らしい。いったことがないのでわからないが炎天下の砂漠というのはものすごく熱いらしい。これは淀川長治さんの著作で読んだ記憶がある。
 あれはもちろん映画的表現で、現実の砂漠とは異なるものだろう。映画的現実、あるいはヒロインの心情を映像的に表現したもの、というところか。たとえば『椿三十郎』の有名なラストにしても現実的ではないと赤川次郎氏は書いていた。仮に心臓を斬ってもあんなふうに血が飛ぶことは、心拍との関係でまずないというのがその理由だ。
 ただ『モロッコ』の製作スタッフがほんとうの砂漠を知っていたかどうかは微妙だという気がする。
 現地の、実際の砂漠を知っているモロッコの人々から見れば、それはやはり滑稽な場面だったのだろう。『ラストサムライ』を見てぼくが、
「これ、なんか日本じゃないよね」
 と、思うことと同じだ。
 さて、もうひとつ思い出す映画は『望郷』である。ペペ・ル・モコだ。この記憶は曖昧で間違いがあるかもしれないが、それを承知で書く。このブログはいってみれば個人的な日記(のようなもの)であるから間違いや記憶違いがあっても許してもらえるだろう――と、長々と言い訳を並べておいて――
『望郷』のなかのある場面にそれを感じる。酒場の場面かあるいは安いホテルだったかよく覚えていないのだが、豊かな肉体の老いた女性が見事な歌を聴かせる場面がある。彼女の背後の壁には写真が一枚張り付けてある。その写真は小さくてよく見えないのだが、もしかすると彼女が若いころ、華やかな舞台で歌っている写真ではないかと思わせるのだ。そこに『カスバの女』の二番の歌詞が、ぼくの場合かぶるわけである。

 花はマロニエ シャンゼリゼ 
 赤い風車の踊り子の
 いまさら帰らぬ 身の上を

 というあれである。「赤い風車」というのはもちろん《ムーランルージュ》だ。映画『望郷』のあの女性の過去とはちがうが、それでも華やかな過去を持つ誰かが、流れ流れて地の果てに行き着いたというのは昔から変わらぬ映画的設定だ。この種の設定は洋の東西を問わず悲しみの感情を喚起する力がある。今はどうか知らないが、そんな時代があったのはまちがいない。
 そんな感じで、自分がマイクを持って歌うことはまずないが『カスバの女』は、ぼくにいろいろなイメージを喚起させてくれるという点で間違いなく名曲である。
 ちなみにアルジェリアの降水量だが、東に行くにつれて多くなるらしい。場所によっては1000㎜近くになるところもあるらしいから、かつての踊り子の頬を濡らす雨が降ることも、まあありかなという気がする。
 ついでのことに、1971年から2000年にかけての日本の年平均の降水量を書いておくと、世界平均のほぼ二倍1718㎜だそうである。
スポンサーサイト

カテゴリ: 音楽

テーマ: 雑記 - ジャンル: 小説・文学

[edit]

Posted on 2011/08/26 Fri. 20:12    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/316-02077ab6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。