Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

LAST ONE 

 実は、原田芳雄という名前をはじめてきいたのは『真夜中の警視』というテレビ番組だった。断っておくがあくまでもきいただけで、ぼくはその番組を観ていない。意外に思われるかもしれないが、子どものころはテレビにあまり興味がなく、ほとんど観ない子どもだった。
 友だち――というかとにかく近くにいた同級生のひとりが、
「原田芳雄さんってかっこいい」
 と、いっているのをきいてその名前を知った。ちなみにこの同級生は女性で、当然ながら彼女は『真夜中の警視』を観ていた。残念なことに、当時のぼくには原田芳雄という俳優さんのイメージはまったくつかめず、したがってかっこいいといわれてもぴんとこなかった。
 原田芳雄さんを強く意識するようになったのは、テレビでも映画でもなくラジオだった。パック・イン・ミュージックという深夜放送が当時あり、木曜日第二部のパーソナリティを務めていた林美雄さんというアナウンサーの方がおられた。知っている人は知っていると思う。
 林さんは映画通で日本映画についていつも熱く語っていた印象がある。『修羅雪姫』も『新宿アウトロー』も『龍馬暗殺』も『日本の悪霊』も『祭りの準備』も、そのほかの日本映画もこの番組を通して知ったものが少なくない。いわゆるATG系の映画のほとんどはここでタイトルを耳にして、いつか観てやろうと決意した。
 木曜パック第二部にはミュージシャンもよくゲストに来ていた。松任谷ではない荒井由美の『ベルベット・イースター』もここではじめて聴いたし、山崎ハコの『サヨナラの鐘』を最初に聴いたのもこの番組だった。
 いずれにしても、林美雄さんの深夜放送は、当時田舎に住んでいて文化的なものに強い憧れを持っていたぼくにいろいろなことを勉強させてくれる番組だった。この人たちはなんてかっこいいんだろうと、素朴に感動している可愛らしい少年だった(笑)。
 原田芳雄さんもよくゲストで来ていた。くればたいていギターを弾いて歌っていた印象が残っている。その曲があの『プカプカ』である。この曲をうたう原田芳雄さんのイメージは強烈に残っている。

 たぶん、その前に原田芳雄さんの写真は見ていたと思うのだが、はっきりと意識してその存在を知ったのは、雑誌に紹介されていた映画『赤い鳥逃げた?』から持ってきた一枚だった。豊満な胸を剥き出しにした桃井かおりさんと原田芳雄さんが一緒に写っていた。
 いま思うと子どもにはずいぶん刺激的な写真だったがとくにエロチックなものは感じなかった。これは本当である。それよりも革ジャンを羽織った長髪の原田芳雄さんのかっこよさの方が印象に残っている。
 それから何年かして、この映画を観た。映画のなかで歌われた『愛情砂漠』。これがよかった。挿入歌としては安田南さんが歌っていたはずだが、映画のなかでは原田芳雄さんがギターを弾いて歌う場面があった。桃井かおりさんの作詞作曲という物語上の設定になっていたはずだ。原田芳雄さんの歌った『愛情砂漠』も大好きである。

 その後、何作も原田芳雄さんの映画を観た。ほんとうにかっこいいと思った。演技がどうのということではなくその存在がかっこよかったのだ。印象に残っているのはやはり『龍馬暗殺』だろうか。あの坂本龍馬像は画期的だった。いま見ても普通にいいなあと思える映画だ。
『木枯し紋次郎』にゲスト出演をした際の隻腕の渡世人も印象に残っているが、時期的にいうと、それは本格的に原田芳雄という俳優に興味をもちはじめる、少し前だったような気がしている――が、このあたりはちょっと曖昧である。
 藤田まことさん主演の時代劇『夫婦旅日記』にも原田さんは登場したことがある。あの名作『ひとごろし』を元ネタにした一話に登場していた。両方とも山本周五郎の原作だから話としては無理なく合体させることができたのかもしれない。この作品のなかで原田芳雄さんは、火を噴くような剣豪を演じていた。

 原田芳雄という俳優さんは、ぼくの中で名優というカテゴリーには属していない。しかし、唯一無二の存在だった。原田芳雄さんはいつも原田芳雄さんだった。それだけで十分だった。
 どこにそんなに惹かれたのか、うまくいえないのがもどかしいのだが、基本的にはあの声だと思う。ほんとうに素敵な声だった。それからタバコだ。ぼくは体質的に酒、タバコが体にあわないので原田さんのように大人のアイテムをかっこよく扱えないが、あんな風に粋に扱いたいものだと思ったものだ。
 もう原田芳雄さんの新しい作品を観ることができない。それを思うととても悲しくなる。しかし過去の映画やドラマに登場する原田芳雄さんを観ることはできる。残念だがそれで満足するしかない。

 ご存知の方も多いと思うが、タイトルに使った『LAST ONE』は原田芳雄さんのファーストアルバムのタイトルである。最初で最後のアルバムと銘打って発売されたが、その後何枚もアルバムはでている。こういう裏切りは大いにうれしい(笑)。ファーストアルバムの帯だったと思うが、
『俺だってたまには歌うことがある』
 だったか、そんなセリフが書いてあったような記憶がある。もしかしたら違っているかもしれない。このアルバムに収録されている曲はどれも好きだ。たしか松田優作さんの作詞した曲もあるはずである。
 原田芳雄さんは松田優作さんのファーストアルバムにも曲を提供していたのではなかったろうか。『光と風の戯れ』だったか、そんなタイトルだったと思うのだが……。

 いつもうまくないけど、何だか今日は特にうまく書けません……
スポンサーサイト

カテゴリ: 日記

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

Posted on 2011/07/24 Sun. 20:30    TB: 0    CM: 4

この記事に対するコメント

素敵な文章です。

俳優と映画紹介のラジオ番組をやっている岡村洋一と申します。

素敵な文章、ありがとうございます


今から、生放送なので、参考にさせていただきます。

お身体大切に!

URL | 岡村洋一 #-

2011/07/25 12:28 * 編集 *

Re: 素敵な文章です。

ありがとうございました。

 恐縮です。ありがとうございました。岡村洋一さんの公式サイトを訪問させていただき、写真日記『原田芳雄さんの事』を読ませていただきました。あの写真は『祭りの準備』のラストでしょうか。あの前にアンパンか何かを食べていたような気がするのですが……原田さんは物の食べ方までかっこよかったです。

『新宿アウトロー ぶっ飛ばせ』だったと思いますが、物凄い勢いであらゆる酒を飲んでいく渡哲也さんを唖然として眺めている原田芳雄さんも好きでした(笑)。それから『野良猫ロック 暴走集団71』における伝説のドテラ姿もかっこよかった。かと思えば『ツィゴイネルワイゼン』における得体のしれなさも不気味でよかった。

 存命中はそのカッコよさや渋さばかりに目を奪われ、不覚にも強く意識することがなかったのですが、いまこうして思い返してみると、ほんとうに凄い表現者だったんだとあらためて思います。超一流の俳優さんでスターさんなのに、どこか身近に感じられる親しみやすさもあり、得難い方でした。

 月並みですが、ご冥福を祈ります。それしかできませんから。岡村さんのラジオ番組は地理的に拝聴することができないのが残念です。ドラマなどで拝見することもあるかと思います。どうぞお体に気をつけて、ご活躍を。

URL | le_gitan #-

2011/07/25 19:16 * 編集 *

兄貴!

お邪魔します。

原田芳雄さんの訃報はショックでした。
大腸ガンは克服されたとばかり思っておりましただけに……。

原田さんが「格好いい!」と思ったのは、「冬物語」だったと思います。
主題歌も良かったですが、ずっと連続して見ていました。

「真夜中の警視」……見てました、見てました!
サングラスがあんなに似合う人はいなかったと思います。
ドライビング・グローブにジープ。
憧れました!

サングラスやジープは(笑)無理だ、ということでドライビング・グローブを買ってきて、手袋代わりにはめていました。(バカですねえ)
あっけなく番組は打ち切り……そして急きょ「追跡」が始まったわけで……。
「追跡」も結局全うされませんでしたが……。

紋次郎作品の「峠に哭いた……」は絶品でした。
原田さんと中村さんの対決……確か、原田さんは殺陣の途中で長ドスを取り落とし、慌てて拾ったように思います。リアルでした。

破天荒な印象を受けますが、実は寂しがりやさんだったのでは、と思います。だから、あんなにたくさんの人との親交があったんだと思います。

敦夫さんの心中は如何に……と想像し、少し切なく思います。

格好いい兄貴のままで、旅立たれた原田芳雄さん。
ご冥福をお祈りします。

URL | お夕 #wikz35BA

2011/07/27 18:11 * 編集 *

Re: 兄貴!

 原田芳雄さんはほんとにかっこよかったですね。日が経つにつれて、あんな俳優さんはもう出ないのかな……と、喪失感が深まっていきます。考えてみると、原田芳雄さんはあらゆるジャンルに、原田芳雄として見事に存在していました。
 ジーンズの胸元をはだけた長髪のやくざから、お寺の住職まで、時にアウトローであり、時に歴史上の人物であり、時に不思議なお父さんであったりと、あらゆる人生を原田芳雄として演じ切ってしまったように思えます。これだけファンが多い理由もわかろうというものですね。
「兄貴!」
 と、いうのはまさにぴったりですね。お夕さんはドライビング・グローブですか。ぼくはギターを弾きながらしょっちゅう『プカプカ』を歌い――今からだと信じられない話ですが、長髪でした(笑)。さすがに胸元をはだけるのは理性で思いとどまりましたが、サングラスくらいはかけてもよかったかなと今は思っています。
 いつそれを読んだのかはっきり思い出せないのですが、原田芳雄さんは中村敦夫さんの俳優座の後輩ではなかったでしょうか。何かの記事か、もしくは雑誌で読んだような記憶があるのですが、
「あんな怠け者は俳優くらいしかできない」
 と、中村敦夫さんが仰っていたとか。もうずいぶん昔――何十年も前のお話です。造反役者ということでは中村敦夫さんと原田芳雄さんはどこかに共通するものがあるんでしょうね。造反有理もいまや懐かしい言葉です(笑)。かたやインテリ、かたやワイルドと両極いるように見えましたが、あの時代の共通の匂いがお二人にはあったように思います。
 ぼくが参加したくて、しかし、当時はまだ子供で参加できなかったあの時代の匂いをお二人とその周辺におられた方々が持っておられたように思います。とても懐かしく、いまこの歳になってもあの年代の方々、ぼくのお兄さんやお姉さんにあたる方々には、ある種の畏敬の念を抱いています。
 でも、原田芳雄さんは、怠け者にしてはほんとうによく仕事をされた方だと思います(笑)。振り向いてみると、ものすごい数の作品に出ておられたとあらためて感心しています。

URL | le_gitan #-

2011/07/27 19:13 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/314-216f17aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。