Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

時を越えて! 

 ひとつ疑問に思っていることがある。咲さんはどこで口語文の文章を学んだのだろう。何の話をしているかといえば感動の名作『仁』の最終回である。時を越えて仁先生に届いた咲さんのラブレターは、長い物語の締めくくりに相応しく、感動的であるのだが、へそ曲がりなぼくはそこで立ち止まってしまう。
 近代日本の書き言葉は、『坂の上の雲』にも登場する正岡子規さんのあたりで完成するらしい。明治の中頃だ。江戸時代の人間である咲さんは口語文による文章表現をどこで学んだのだろう。それともあれは仁先生が咲さんの文語文の手紙を、頭の中で口語文に変換していたのだろうか。
 こんな意地の悪い見方であの感動の最終回に難癖をつけるのは、もちろんよくない。だからこう考えることにしている。たぶん、咲さんは仁先生との交流の中で、口語文を学んでいったのだろう。そう考えよう。
 変な難癖をつけるよりも、時間という絶対に越えられない壁によって引き裂かれた恋人同士の、救いのある(あくまでも《救いのない》ではない)悲恋に感動するべきなのだろう。とにかく、『仁』が終わってしまって、これから日曜日の夜をどう過ごすか考えなければならない(笑)。

 歴史の修正力という言葉がこの作品のなかでよく使われていた。多重世界についても語られている。この最終回、仁先生は修正された歴史の前に立ち尽くす。自分が江戸時代に残した足跡はそのままに、自分の存在だけが消されている。あれはある種の残酷である。
 あのラストを見ていて、ぼくは突然、小松左京さんも『地には平和を』という作品を思い出した。第一回のハヤカワSFコンテストで佳作か努力賞になった作品だったはずだ。コンテストでは佳作か努力賞だったが後に直木賞候補にもなった作品である。
『地には平和を』の内容をかいつまんでいうと昭和20年――あえて西暦は使わない――8月15日にもし戦争が終わっていなければというところから始まる物語だ。戦争が終わらなかった日本で生きた少年兵の物語である。
 戦争が終わらなかった歴史は意図的に作り出されたもので、最終的に消滅させられるものだが、存在している人間は、あってはならない歴史であってもそこで生きている。歴史の改変を修正するために訪れた未来人に、本来の歴史のなかにいる自分の姿を見せられてさえ、少年兵は戦いに固執する。
 この物語のラストは強く印象に残っている。ぼくたちが知っている歴史の中で生きて成長した少年兵は、平凡だが幸せな家庭を築いている。彼は妻子とともにハイキングか何かにきている。そこで奇妙なものを拾う。
 それは黒い桜をかたどった胸章だった。その胸章は消滅した戦争が終わらない時代に生きていた彼が所属していた部隊ものだった。胸章を手に取ったとき彼は自分の属する世界が色あせて見える……
 と、まあそんな感じだったと思う。こじつければ、『仁』の裏返しのようなラストだった(笑)。自分の生きている世界は実はかなりあやふやなものかもしれないと感じさせるラストを、温かく描くか冷たくつき突き放すか――と、いったとろことではないか。
 時間を扱った物語は感動的なものが多い。それはたぶん、歴史に、《もし》が許されないからだろう。優柔不断なぼくなどはしょっちゅう、
「ああ、あのときこうしていればなあ……」
 と、後悔の臍の緒を食いちぎっているようなところがある。答えはわかっているのだ。失敗だろうがなんだろうが、いまを生きるしかない。絶対に取り戻せないものを取り戻したいと思うのは人の常だが、こればかりは諦めるしかない。
 時間旅行が可能になった未来、しかし、人は自分が生きている時代の前後50年には行けないという法律ができている。これもたしか小松左京さんの作品のなかにあったような気がする。
スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

テーマ: テレビドラマ - ジャンル: テレビ・ラジオ

[edit]

Posted on 2011/07/09 Sat. 22:26    TB: 0    CM: 2

この記事に対するコメント

こんばんは。

私も日曜日の夜の楽しみがなくなって、ガッカリしている一人です。
「JIN-仁-」
好きでした、あの世界。

咲さん、かわいくて健気で、まさに大和撫子でしたね。
野風さん、凜として一本筋が通っていて男前でした。
龍馬の飄々としていていながらも熱く、肝っ玉の据わったところ、好きでした。
仁先生…ヒーローなのにいつも悩んで迷って、ある一面は人間臭いんですけど
基本ストイックで……。
登場人物すべてがキャラ立ちしていて、良かったと思います。

ああ、そうです!
忘れちゃいけない「新門辰五郎」役の中村敦夫さん。
懐手で颯爽と歩くシーンは見惚れてしまいました。
最終回にも出演されていて良かったです。

タイムトラベルをテーマにした作品は数多くありますが、私が好きなのは「バック・トゥー・ザ・フューチャー」です。アッケラカンとしているところが好きです。(悩みかけるとキリがないですから)

時々妄想します。
今自分が生きている世界は本当に存在しているのか。
無限に隣り合わせに、違う世界があるのではないか。
ちょっとした次元の歪みで、全く違う歴史を歩む世界に飛ばされるのではないか。
等々、考えるとそれこそ夜も寝られません(笑)。

と言うことで、深く考える前に眠りにつきたいと思います。
おやすみなさい。


URL | お夕 #wikz35BA

2011/07/19 00:37 * 編集 *

Re: タイトルなし

 コメントありがとうございます。お返事が遅れて申し訳ありません。

 咲さんはほんとうによかったですね。あの物語は咲さんを表現できる女優がいたかいなかったかで、ずいぶんと出来が違っていたような気がします。綾瀬さんはほんとうに当たり役で、あれがほかの女優さんだったら、『仁』があれほど人気が出たかどうか、微妙だったような気がします。

 後、龍馬さん、人気ありますねえ。あの龍馬さんがよかったという声はあちこちで聞きます。でも、ぼくは勝先生も好きだったんですよ。後、咲さんの母上――かつてはセクシーで綺麗なお姉さんだった麻生祐未さんの怪演が効いていましたね(笑)。

 新門の大親分は堂々として実にかっこよかったです。第一部で仁先生に、
「おめえ、逃げなかったんだってな」
 と、笑顔で言う場面がとても好きです。中村さんは色々なことをして、演技に厚みが出てきましたね。知性と経験に裏打ちされた、ほんとうに重厚な役者さんになられたと思います。いつか中村敦夫さんの清水の次郎長を見てみたいです。

 明治以降の次郎長親分ですね。『坊ちゃんの時代(第二部)』に森鴎外を扱った『秋の舞姫』があり、そこに次郎長親分が登場します。その親分は好々爺といった感じなのですが、中村さんが老いた次郎長を堂々と演じてもいいような気がします。

 それから『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は爆笑ウエスタン篇が大好きです。マカロニウエスタンのパロディ満載で、胸に鉄板はよかった。『荒野の用心棒』ってアメリカでもヒットしたんですかね。

 あれを観たアメリカ人は何を思ったんでしょう。日本の時代劇を中国が造ったような感じがしなかったんでしょうか(笑)。

URL | le_gitan #-

2011/07/23 09:48 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/313-32c8bb26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。