Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

時の狩人 

 NHKの『タイムスクープハンター』という番組が大好きである。何が好きか。話し言葉である。登場人物たちが話しているその時代に使われていたであろう日常会話が実にわからなくていいのである(笑)。
 歴史関係の本を読んでいると、たとえば織田信長は尾張の言葉(名古屋弁)で話していたというような記述に出会うことがある。当たり前といえば当たり前の話なのだが、妙に感心してしまう。
 大河ドラマの悪しき影響だ(笑)。戦国時代の武将は全員、いまでいう標準語に近い言葉で話していたような気になるが、絶対にそんなことはなかったはずだ。都にでも行けば違ったのだろうか、普段はおそらく舌が粘るようなお国言葉で会話をしていたのだろう。
 ちょっと脇道にそれるが、以前、日本語は非常に複雑だという話をきいたことがある。複雑というのは文法的にどうこうということではなく、地域差の激し言語で、たとえば青森の方言を話す人が鹿児島の方言を聞けば、それこそ、
「異国の言葉に似て不思議」
 と、『桃色吐息』のような印象を持つのではないか。逆もありうる。これも以前きいたことがあるのだが、例えばヨーロッパの言語の中には、せいぜい東京弁と大阪弁程度の違いしかないものもあるという。
 ヨーロッパ言語の例を前提にいえば、青森の言葉と鹿児島の言葉を日本語というひとくくりで納得させるのは、実はかなり無理があるのではないか。地域によって言葉が通じなくては、近代国家など夢のまた夢だ。だから維新後、大急ぎで標準語という一種の人工語を明治政府はこしらえた。
 井上ひさしさんの『国語元年』だったと思うが、いわゆる標準語を創ろうとした官吏の、抱腹絶倒の、しかし悲しい冒険物語がある。言葉は面白い。『タイムスクープハンター』の面白さも言葉によるところが大きい。ぼくにとってはそうである。
 方言の話ではない。過去の話し言葉だ。とにかく何気に標準語かそれに近い言葉をつかって生活しているぼくには、『タイムスクープハンター』に登場する過去の話し言葉はとても魅力的だ。
 未来人(もしくは現代人)が過去にいくという物語の違和感についてはこれまでにも何度か触れた。この種の話題になると度々使わせていただいているあの『戦国自衛隊』のように(笑)、現代人が過去に行くのではなく、過去の方が現代にやってきたという居心地の悪さがこの手の物語にはつきものだった。
 そういったものは『タイムスクープハンター』には少ないように思う。なぜ少ないのか。そこに言葉の問題があると今回気づかされた。もし、『戦国自衛隊』に登場する侍や農民が、当時の話し言葉で会話し、未来からやってきた自衛隊員と簡単に意思疎通ができないという場面があれば、あるいはリアリティはぐんと増していたかもしれない。
 どんなに頑張ってみても、現実に過去の時間をそのまま再現できるわけがない。ただそこにいかにも当時いたような人々が登場すれば、飛躍的にリアリティが増す。問題は当時ほんとうにいたような人間というのはなにかという点だ。
 最初に言葉ありき――ではないが、結局、人間を形作っているのは言葉なのだろう。だから様々な時代で人々がどんなふうに話していたかは、もしかすると天正年間の山城が実際はどんな形をしていたかということよりも重要かもしれない。
 映像的リアリティというのはなにも過去をそのまま再現することではないと黒澤明が語っていたことを思いだす。どれくらいそれらしく描けるかということなのだという。その点『タイムスクープハンター』は、実にそれらしく描いているように思える。話し言葉を再現しようとすることでリアリティを生み出したのだと思う。
『のろしを上げよ』で登場人物たちが喋っていた言葉。平安時代の日本人は、なるほどあんなふうに日本語を喋っていたのかと感心して番組を観ていた。字幕が出なければわからない日本語だったが、それがよかった。
 ずいぶん前に見た映画だが、『ジパング』という作品で冒頭に登場する甦った古代の王が話す日本語を思い出した。平幹二朗氏だったと思うが、かれが演じた王は、ズーズー弁のような言葉で喋っていた記憶がある。古代日本語はズーズー弁に近かったという説は『砂の器』で広まった(と、ぼくは思っている)有名な話である。
 NHKのある意味で果敢な試みには拍手を送りたい。こういった視聴率が稼げるのかどうかわからないような、一種博奕的な番組は民放ではおそらく作れないだろう。NHKの存在価値がここにある。
スポンサーサイト

カテゴリ: テレビドラマ

テーマ: TV番組 - ジャンル: テレビ・ラジオ

[edit]

Posted on 2011/06/17 Fri. 17:21    TB: 0    CM: 2

この記事に対するコメント

お国訛り

ご無沙汰しておりますが、お元気でいらっしゃいますか。

「タイムスクープハンター」
私も好きで、見ています(時々録画を忘れたりもありますが)。
あの埃っぽくて小汚い(笑)感じが、リアルに感じます。

話し言葉の件ですが、当時の日本人がどんな言葉を喋っていたか……想像すると面白いですね。
時代小説を執筆するときは、いろいろな資料を用意されるんでしょうが、書き言葉でしか残っていませんから、これまた大変?

幕末の志士たちの会話も、お互い正しく伝わっていたのか?
実際どうだったのでしょう。

江戸時代の「旅の心得」の中に、「その人の郷里や方言を笑ってはいけない」というような事が書かれていました。
なるほど、と思いますね。

URL | お夕 #wikz35BA

2011/06/26 10:16 * 編集 *

Re: お国訛り

 コメント、ありがとうございました。せっかくにいただいておりましたのに、お返事が遅れて申し訳ありません。こちらこそ、ご無沙汰しております。

 お夕さんもこの番組がお好きだとのこと。あれだけ紋次郎とその時代についての知識が豊富なお夕さんのことですので、当然といえば当然かと、大いに納得しております(笑)。いつかあの番組でリアルな渡世人を取り上げてもらいたいですね。それとも過去に取り上げられたことがあったのでしょうか。

 仰る通り、あの番組の絵作りは、埃っぽくてどこか汚れてますね。登場人物は美男美女――は、あまり出てきませんが――とにかく、誰もかれもどこか汚れた感じがしてそのあたりがまたリアリティを感じさせますね。水事情が現在に比べれば格段に悪く、入浴もいまのぼくたちのようにはいかなかったんでしょう。

 ブログでも書きましたが、井上ひさしさんの『国語元年』には、会津出身の強盗が、お国訛りのせいで言葉が通じず、考えあぐねた結果、手紙文で喋ろうとする場面がありました。強盗なりに懸命に考えたわけです。言葉が通じなくては強盗もままならないですから。

 もちろん、この目論見はうまくいきません。書き言葉ならお国訛りを消すことができても、読みはじめれば訛りのなかに自分の意図が埋もれ、相手に伝わらなくなってしまうという、いってみれば当然のことが、抱腹絶倒のギャグとして上手に処理されていました。さすがです。

 幕末の志士さんたちも面と向かって話をはじめれば、大筋はともなく細部についてはよくわからなかったのではないでしょうか。素人ながらにそんなことを考えたりします。当時、手紙がやたらと多いのもそんな事情があったのではないかと、考えたりもします。

URL | le_gitan #-

2011/07/05 13:30 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/312-95397b0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。