Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

秘剣美少女 

 美女北川景子についていつか批判的な記事を書いたので、今回はもっと好意的に彼女を眺めてみたいと思う。先日は『LADY』が好みに合わなかったために、どうしても美女北川景子に対しても点数が辛くなってしまった部分があったように思う。
 余談だが、ぼくの友だちに美女北川景子の大ファンだという女性がいる。彼女曰く、
「今度生まれ変わるなら、絶対に北川景子」
 と、いうことらしい。ぼくなどからみると彼女はそのままでも十分美しいと思うのだが、本人はなにがなんでも《目指せ! 北川景子》ということらしい。たしかに北川景子は美しいと思う。ただ、ぼくから見るとやや表情に乏しいような気がする。
 北川景子というひとはたしか明治大学の商学部商学科の卒業で、数理的理論に相当強いらしい。ようするに理系的センスを持った女優さんということなのだろう。好意的にいえば理知的な美貌の持ち主である。
 もしかするとサイボーグとかアンドロイドとかそういった役が似合うタイプの人かもしれないと、ふと思ったりもした。だからたとえば平井和正の『アンドロイドお雪』とか、そういった非人間的な美女を演じればきっともっと輝くのではないかという気がする。日本版『バイオニック・ジェミー』あたりも狙い目かもしれない。
 もちろんこれは素人の目からみた美女北川景子のキャラクターであって、実際の彼女がどういう人か全く知らない。実際の彼女は関西弁を使う《おもろい姉ちゃん》だという話もあるが、見た目の印象は才色兼備で近寄りがたい雰囲気がある(少なくともぼくにはある)。
 WOWOWで『花のあと』が放送されたとき、実はあまり期待しないで観た。暇だからぼんやり眺めていたというのが本当のところで、この映画を製作された多くの方々には誠に申し訳ないと思う。
 ただ、古い時代劇を観て育ったぼくにとって、最近の時代劇はどこか時代劇らしくない。何が原因でそう感じるのか、いろいろと思い当たるところもあるのだが、ひとつは体形の問題が大きいのではないかと思う。
 よくいわれることだが、着物というのは胴長短足だったかつての日本人に似合うもので、最近の人は女性も男性もすらりと背が高く、小顔で、これが着物を着たときのバラスンを悪くしているような感じがある。
 違和感があるのだ。江戸時代を観ている気分になれない。映画『戦国自衛隊』を見たときにも感じたのだが、自衛隊が過去にタイムスリップしたのではなく、過去が現代にやってきたような印象になってしまう。だからいっそ『必殺シリーズ』のように時代考証を大胆に無視した方が、違和感なく受け入れられたりする。
 考えてみると昭和三十年代から四十年代ごろまで、日本人の体形はいまの基準からすれば、ずいぶんかっこ悪かった。が、だからこそ江戸の昔を再現した場合、違和感が少なかった。演者が過去の遺伝子をまだ濃厚に持っていたからだ。
 今回観た『花のあと』も違和感がまったくなかったわけではない。が、それでも藤沢周平の物語が持っている力で、そこそこ見ることはできた。美女北川景子の表情の乏しい整った顔も、武家の娘の、しかも剣術の達人である娘の、忍耐力であるとか慎み深さに見えて、それなりに様になっていた。
 江戸時代、女性で剣の達人という人が実際にいたのかどうかわからないが、もしいたならばこんな感じだったかもしれないと、若干ながら思わせてくれた。その殺陣は、たとえば松山容子さんあたりと比べると遜色はあったが、それでもよく頑張っていたと思う。それなりにかっこよく決めていた。
 しかし、これまで竹刀しか手にしたことのない女性が、重い日本刀を持ち、はじめて真剣勝負をするわけだから、ああは鮮やかに行くまい。そこは映画であるといっても、観客を納得させるために、一工夫あってもよかったような気がする。
『無用ノ介』という劇画のなかに心形刀流の達人が登場する回があった。その達人は道場剣法の達人ではあったが実際に人を斬ったことがなく、実戦の呼吸を知るために無用ノ介と果し合いをする前に、墓場に巣食う野良犬を斬る。動物愛護の時代に野良犬といえどもやたらと殺すのは問題があるにせよ、そうした場面を入れてもよかった気がする。
 それからもうひとつ、この物語を支えていたのは、その脇役たちである。特に美女北川景子の許嫁である甲本雅裕さんが秀逸だった。フィクションとしての大石内蔵助をモデルにしたのかと思わせる見事な《昼行燈》ぶりが抜群にかっこよいのである。
 切れすぎる頭脳を頼りない外見に隠し、必ずしも自分に好意を持ってくれているわけではない美女北川景子を優しく支えるというのは、いかにも日本人好み、というか時代劇好みのキャラクターである。ほんとうはこういう人間は怖いのである。
 それと悪役を演じた市川亀治郎さん。これがよかった。着物姿の立ち居振る舞いの美しさはさすがに歌舞伎の人である。またその悪役顔の作り方が感動ものだった。歌舞伎のことはよくわからないのだが、役柄による表情の作り方のようなものがあるのだろうか。いかにも腹黒い悪党といった顔で登場してくる。
『花のあと』という作品を名作とか傑作とかいう気はさすがにないが、それでもそこそこ楽しめる作品だった。美女北川景子がテレビで観るよりずっとよかったのは、やはり映画がテレビよりも手間暇をかけて作られているからかもしれない。

 ――追伸――
 記事のタイトルに使わせていただいた『秘剣美少女』はアニメ『紅三四郎』の最終回のタイトルです。
スポンサーサイト

カテゴリ: 映画

テーマ: 日本映画 - ジャンル: 映画

[edit]

Posted on 2011/05/22 Sun. 12:34    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/311-eba51ce8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。