Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

映画ではなく、酒と薔薇の日々 

 たとえばある本を読んでいて自分が知っている歌手やその歌手が歌った曲の名前を見つけるのはけっこう楽しい。懐かし友だちと予想もしていなかったときにばったり再会したような気持ちになる。
 と、まあちょっと気取って書いてみたが、考えてみると偏屈なぼくは友だちが少なく、懐かしい誰かとの再会というのは、現実的にはあまり起きそうもない(笑)。ただ、観念の上において確かにそういう気分になることはある。
 具体的に誰のことを書いているかといえば、クロード・フランソワのことである。正直に言うとこの名前を知ったのはそう昔のことではない。だから、旧友再会にことをたとえるのはいかがなものかという気持ちがしないでもないが、まあいいだろう。
 とにかく、最近読んだ本のなかに、ぼくはこの名前を見つけた。あっと驚いたが、考えてみるとそれも当然、読んでいたのは『サガン――失踪する生』という、フランソワーズ・サガンの伝記だ。
 その前に冒頭から名前を散々出したクロード・フランソワだが、この人はあの『マイ・ウェイ』の原曲『コムダビチュード』を歌った方である。すでに故人ではあるがフランスではいまでもスーパースターらしい。
 長谷川きよしさんのアルバム『40年。まだこれがベストではない』に収録されている。『コムダビチュード――いつも通り』というこの曲はテレビ番組『誰も知らない泣ける歌』でも放送されたことがあるのでご存知の方もいらっしゃるのではないか。

 さて、歌のお話はこれくらいにしてサガンである。フランソワーズ・サガンという作家は『悲しみよこんにちは』くらいしか知らないし、知っているといっても作品そのものを知っているわけではない。
 情報としてサガンは18歳でこの作品を書き、処女作で一気に名声を得たと知っていたがどうも殺伐好みのぼくの嗜好とは異なるような気がして、読んでみようという気になれなかった。サガンの伝記を読んだいまでも特に読みたいという気持ちにはならない。
 ただその作品は読んだことがなくても、サガンというひとがどういう人生を送ったか、おおよそのところは知っていた。作品を読んだことがない者でも作者について知っているというのは、作家冥利につきるのか。それとも、
「わたし自身じゃなくて、作品そのものを評価してよ」
 と、お叱りを受けるのか、そのあたりは微妙なところだと思うが、ぼくは作家冥利に尽きるのではないかと思う。その人の生み出す作品は結局、その人自身だという立場をぼくはとる。基本的に人間は自分について語りたくて仕方のない生き物だという思いは不動である。
 自分自身について語る、自分とは何かを知ってもらう、という立場に立てば、その作品を読んだことのない者にまで知られたということは、人生における目論見が大成功だったという証ではないだろうか……ちがうのかな(笑)。
 サガンという人の人生をひとことでいえば《破天荒》である。むちゃくちゃな人生だ。刹那にかけるという言葉があるが、この人の生き方はまさにそんな感じである。たしかにその生き方はある人間たちにとっては楽しかったかもしれない。しかし、我慢できないと思う人間もいたはずである。
 記事に『酒と薔薇の日々』というブレイク・エドワーズの名作映画のタイトルを拝借したのは、サガンの狂乱のどんちゃんさわぎのような人生を読んでいて、そんなイメージが浮かんだからである。
 ことわっておくがこれはあくまでも『酒とバラの日々』――映画のタイトルのバラは漢字ではなかったと記憶している――という語感からイメージされる華やかだが退廃的な人生を思い描いたからに過ぎない。
 映画『酒とバラの日々』はアルコールに溺れていく夫婦ものの話だった。サガンも酒に溺れ、薬に溺れた。サガンの薔薇はドラッグの香りを放っていた。この伝記の作者マリー=ドミニク・ルリエーブルはサガンのことを、
「我慢できない子どものようなものだった」
 と、書いている。サガンは頭の回転が速く、インタビューを行った誰もが、あんなに頭のいい人はいなかったと語っている。故人を悪く言うはずもないとは思うが、たしかに特殊な人ではあったのだろう。でなければ18歳であれだけの成功を収められるとは思えない。
 ただ、若くして成功したことが破滅的な生き方の引き金になったのも事実だ。若くして成功し、富と名声を得て、才能に溺れ、人生を破滅の方向に向かって舵を切る。よくある話といえばよくある話である。サガンという人はようするに『フランソワーズ・サガン』という作品を書いていたわけだ。
 何事も我慢できない子どものようだったサガン(ようするに甘やかされて育ったということなのかとも思うが)は、大酒を飲み、薬を常用し、ギャンブルに入れあげ、スポーツカーで法規を無視した速度で走り、
「あの美しい言葉は本当に素敵だった」
 と、言わせる作品を書いた。どんな欠点も覆い隠してしまえるだけの、言葉を操る才能を与えられていた。言葉を巧みに操る才能というのは、七難を隠すものかもしれないと、ときに思う。仮に、内実が伴っていなくても、お利口さんに見えてしまう場合が、あるいは、あるのかもしれない。もちろんこれは意地の悪い見方だ。
 知恵というのは平たく言ってしまえば状況判断のことではないかと思う。驚異的な記憶力で知識を蓄え、巧みな言葉で蓄えた知識を再構成して見せ、ときに数学的正確さで状況分析を行うことができても、自分の行為が周りに与える影響や、そのことによって起きる結果が見えていないのなら、世間は狭くなる一方だ。
 サガンは才能があった。それも並みの才能ではない。天才的な言葉の才能に恵まれていた。しかし、その代償のように経済観念がなく、倫理観が希薄で、堪え性がなく、衝動的だった。才能の部分を取り除けば、ようするにダメ人間と呼ばれそうな人である。
 サガンはその才能によって巨万の富を得る。しかし、晩年は住む家さえないような貧窮のうちに人生を終える。美しい箱を作り続けたアメリカの芸術家ジョゼフ・コーネルは伝記を読むのが大好きだったらしいが、その気持ちはわかるような気がする。
 サガンの伝記は非常に面白かった。ありふれた物語のようといえば、たしかにその通りなのだが、そこに現実の人間がいたということが、ありふれた物語に重みを与えている。物語(あえてそう呼ぶが)の最後の方、姪のセシルの言葉が印象に残っている。

「どこまでもエレガントに。それから、ユーモアのセンスも必要。晩年になっても、フランソワーズは、ずっと知的な言葉遊びを考えていた。でも昼間だけね。夜は苦痛に泣き叫んでいたわ」
スポンサーサイト

カテゴリ: 読書

テーマ: 雑記 - ジャンル: 小説・文学

[edit]

Posted on 2011/05/21 Sat. 09:29    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/310-357f4714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。