Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

思い残しの車 

 V型8気筒、3200CC、300馬力。いうまでもなくこれはエンジンである。さらに付け加えれば馬力荷重はたしか5.7kgだったと思う。いまならあっても驚かないスペックだがこの物語が発表された1978年となると話は別だ。
 ダットサンSR320という名前が与えられたこの車は、外観はセドリックだった。覆面パトカーである。排ガス規制といわれても、いまの時代ぴんと来ない方の方が多いのかもしれないが、とにかくあのころ、車は厳しい排ガス規制のために軒並みパワーダウンしていた。
 排ガス規制のために日産自動車は計画していた豪華なGTを断念せざるを得なくなった。そこで無用の長物と化したこの怪物を警察に提供。ありふれたセドリックのボディを被せ、当時の基準でいうと《怪物パトカー》が出来上がったというわけだ。ちなみにこのGTはシルビアの名前で発売される予定だった。
 いまなら、
「300馬力だぜ」
 と、自慢しても、
「そうなの――300馬力なんて、地球環境に負荷をかけるだけじゃない。最先端はハイブリットでしょう。電気自動車もあるし」
 なんて言われるだけかもしれないが、当時はそうではなかった。巨大なパワーを持つ車に素直に憧れを持てた時代だった。より正確にいえば、300馬力に憧れを持ちつつ、こんな車は将来もう造れないかもしれないという不安を感じはじめた時代だった。
 するとこの物語は、ひとつの時代の終わりを、化け物のような車に託して描いたのかもしれないと、穿った考えにとらわれてしまう(笑)。まさか作者にそこまでの考えがあったとは思えないが、しかし、優れた作家は無意識のうちに時代の空気を感じ取るという。矢作俊彦はもちろん優れた作家である。
 その後、技術革新により、排ガス規制をクリアしつつ大馬力の車が続々と登場するが、みんな心のどこかで夢の終わりは意外に近いところにあるかもしれないと考えていたような気がしてならない。環境問題も資源の問題も、根本的には何も解決されていなかったのだ。
『マイクハマーへ伝言』は最初に読んだ矢作俊彦氏の作品ではなかった。最初に読んだのは『リンゴォ・キッドの休日』だった。好みは後者の方だが、インパクトがあったのは『マイクハマーへ伝言』だ。
『マイクハマーへ伝言』はV8の怪物パトカーに仲間を殺された五人の若者の、奇妙な復讐劇であり、あくまでも個人的な感想だが、矢作俊彦版『アメリカングラフティ』のような印象もあった。
 この物語を読んだとき、ぼくは田舎町の少年で、ヨコハマの洗練された若者たちとはどこにも通じるところはなかった。主人公の五人はぼくよりも少し年上だった。地域性を抜きにしても、全くといっていいほどぼくに似たところはなく、この主人公たちに共感することはできなかった。それでも、この物語は印象に残った。
 今でもときどき本棚から抜き出して気が向いたページに目を通すことがある。何度か読んでいるが、さすがに今はすべてを読むこともない。それでもぱらぱらとページをめくっていると、いまでも印象的な言葉に出会うことがある。
 たとえば、環境とかエネルギー(エナジーと書かれていたような気がするが)とかそういったものを気にしなくてもよかった時代の思い残しにつくられた車。ダットサンSR320を登場人物(作者)のひとりがそう評する。こういうところがうまいなあと思う。
 もうひとつ印象に残っていることがある。この作品が最初にでたとき、本の帯の紹介文はハードロマンの雄、西村寿行氏が書いていた。矢作俊彦さんと西村寿行氏というのは、なんとも不思議な取り合わせという感じが、いまならする。
スポンサーサイト

カテゴリ: 読書

テーマ: 感想 - ジャンル: 小説・文学

[edit]

Posted on 2011/03/29 Tue. 23:04    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/305-e3de2f3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。