Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

赤裸々な嘘 

 わたしの母は狂死した、と書いた劇作家がいる。それから、わたしは母に捨てられた、としょっちゅう書いていた詩人を知っている。読んだ時はなんと劇的な人生だろうと思った。二人が生み出す作品の毒々しさの背景には、なるほどそういう人生があったのかと若かったぼくは感動とともに読んだ。
 もちろん、二人の母親は当時健在だった。劇作家の母親は彼の子ども、つまり彼女にとっては孫の面倒を見ていたらしい。母親が狂死したという劇作家の話を信じたのは、田舎の純朴な少年だけではなかった。とある評論家も信じたらしく、彼の作品について書くたびに、この話を枕に持ってきた。
 なんとも罪作りな話である。この話は、その劇作家の戯曲『吸血姫』のあとがきで読んだ記憶がある。もうずいぶん古い話で、そのあたりの記憶は曖昧だ。まちがいがあるかもしれないので、このあたりは割り引いて読んでいただきたい。
 それから母親に捨てられた詩人だが、これも真っ赤な大嘘である。どういう企画だったのか知らないが、この詩人は母親に化粧をして、色っぽい服を着せて写真を撮り、そこに自分は母親に捨てられたと書いたらしい。仰天したのは母親である。息子のために働いたことはあっても、捨てたことなどなかった。
「わたしがいつお前を捨てた」
 母親は息子である詩人に詰め寄ったらしい。息子(詩人)がどんな言い訳をしたのか、少し書いてあったが、それはここでは書かない。好意的な見方をすれば、詩人の感受性で眺めると、それもまたひとつの現実ではあったのかもしれない。真実と現実は違うということだ。
 ただ、一般的な言葉でいえば、この二人は嘘つきである。その辺のおっさんがつく嘘とはちがい、一流の表現者がつく嘘である。ごつごつとした現実よりもすんなり入ってくるから始末が悪い。阿部譲二さんが何かで話していた。
「政治家と作家のいうことなんか信じちゃいけない」
 まさにその通りだった(笑)。

 自己を赤裸々に語るというのはどこかいかがわしいイメージがある。自己を語るのは、いってみれば自己申告だ。プラスの方向にもマイナスの方向にも、飾り立てて語ってしまう。意識的にする場合もあるし、無意識のうちにそれをする場合もあるだろう。
 たとえば一人の人間の人生を物語として眺めれば、十分起伏にとんだ物語だ。山も谷もないような平凡な人生であっても、その時々の心理までも含めて描くことができれば、読み応えのある物語になるのではないか。
 不謹慎な言い方だが、他人の人生は面白い。小説とかドラマは、いってみれば他人の人生を眺めて楽しむようなものだ。他人の不幸は蜜の味というが、それに近いことをぼくはしている。
 しかし、平凡な人生であっても面白いというのは、客観性を保ちつつ眺めた場合だ。自分で自分を語ることはかなり難しい。ぼくにはできない(笑)。悪意なく真実でないことを話してしまうことがある。言い訳をすると、たぶんそれはぼくだけのことではなく、多かれ少なかれ誰にでもあることではないだろうか。
 時々、自分の体験を小説に書いてベストセラーになることがある。特殊な体験をした人で、なおかつ表現者としての才能を持つ人であれば、そういうことも十分考えられる。それは別にかまわない。
 問題は得難い体験をどこまで信じられるかだ。自分の体験が商売になるという可能性があるとわかれば、得難い体験をでっち上げてでも書いてやろうという気持ちになるかもしれない。でっちあげないまでも、針小棒大にすることで、お話として面白くしてやろうとい気分になることもあるだろう。
(続く……)
スポンサーサイト

カテゴリ: 日記

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

Posted on 2011/01/31 Mon. 10:45    TB: 0    CM: 2

この記事に対するコメント

こんばんは。

自己を語る、書く……もうこのこと自体が嘘だと思います。
どんなに真実を赤裸々に、といったところで、言葉という媒体をつかった時点で嘘になってしまうように考えます。

自分を言葉で言い表せるなんて、傲慢な考えかもしれません。
私にもとてもできそうにありません。
単に語彙力が乏しいというのではありませんが……(笑)

URL | お夕 #wikz35BA

2011/02/02 19:50 * 編集 *

Re: タイトルなし

 コメント、ありがとうございました。お返事が遅れて申し訳ありません。

 自分を語ることも、ある事実を客観的に語ることも、いずれも難しいですね。だからいっそほんとのことなんか書かず、というかほんとのことなんか書けない、と開き直った方がいいかもしれないと思ったりします。

 嘘も含めて自分なら、自分が書いたものはやはり自分でしかないわけで、そこから見えてくるものが自分ではないかと、そんな気もします。だから、いっそ最初からすべて嘘(フィクション)だと宣言して書いた方がいいと思います。

 それこそ真っ赤な嘘を書きつつ、その行間から覗く作者の素顔を眺めるのも楽しいような……。「木枯し紋次郎」は徹頭徹尾フィクションですが、あの作品には、作者である笹沢佐保氏の人生観が色濃く表れていたように思います。

 これは実際にあった出来事ですなどと銘打った物語よりも、最初からこれは嘘だと宣言した方がむしろ真実が見えてくるような気もします。ちなみに、このブログでぼくがぼく自身のことについて書いている部分は、かなり嘘です(笑)。

URL | le_gitan #-

2011/02/08 18:47 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/299-ab7031d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。