Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

むきだしの引鉄 

『スペック』というドラマの最終回で、戸田恵梨香が銃の用心鉄を外す場面があった。思い出したのが『続荒野の用心棒』だ。物語のラスト、両手を潰されたジャンゴは銃の用心鉄を外し、引鉄を十字架にかけて六人を撃つ。
 十字架に拳銃をひっかける、つまり神聖なものを人殺しの道具として利用するというのは、彼の国ではどうだったのだろう。『続荒野の用心棒』はいわずとしれたマカロニウエスタンである。イタリアといえばカトリックの国だ。宗教上のシンボルに対してあんな不敬なことをしても許されるのだろうか。
『スペック』で戸田恵梨香が銃の用心鉄をはずと書いたが、正確にいえばその姿は画面には出てこない。ペンチだがプライアーだかを持ってごそごそやっている後姿が映し出されるだけである。
 ラスト、それまで包帯にくるまれていた女刑事の左手が露になると、引鉄部分に改造が加えられた拳銃が握られている――と、いう展開である。手首には手術縫合の跡がある。切断された左手の秘密も同時に明らかになるというわけである。あの左手はニノマエの左手だったのだろうか?
 ドラマのほうは、最初から最後まで見てしまった。最初は刑事ドラマだと思っていたが、驚いた。これはSFアクションドラマだった。ミュータント対旧人類の激烈な死闘を描いたドラマだ(笑)。
 しかし、これほど壮大(ほんとならとんでもなく壮大な話のはずだ)なドラマなのに、当麻ちゃんと瀬文君のふたりがうろうろしているだけで、これで旧人類にとっての絶望的な危機を乗り越えられるのかと、いささか不安になった。
 観ていて思ったのは、このドラマにおけるテーマとか設定とかは、つまるところあの画面をつくるための小道具として必要だったのではないかということだ。主客が逆転しているような気がしてならない。
『マトリックス』で使われバレットタイム風の撮影が随所に使われていた。あれを使うために、時間の流れを変える能力を持つ少年を登場させた。そんな気がしてならない。余談ながら、時間を止めるといえば手塚治虫の『ふしぎな少年』かテレビアニメ『スーパージェッター』のタイムストッパーだ。
 それはまあいいが、ほかにも街並みを真上から撮影したり、蛍光灯の光を強調した打ちっぱなしのコンクリートの部屋とか、ああいったやや神経症的な画面が次々と登場する。演出家はあれをやりたくて、あのストーリーを選んだ。と、いささか穿った見方をしてしまう。
 エンディングに流れる音楽も画面も、とにかくかっこよくという感じである。なんとなく、かっこいい小道具(あくまでも作者がそう感じる)並べてみせた。主人公ふたりのある種のだささも、裏返しのかっこよさだ。これをかっこいいと思うかあざといと見るか、人それぞれだ。
『スペック』が悪いとは思わない。そういう作り方があってもそれはそれでいい。時々思うのだが、映像作品というのは、物語の流れというよりもひとつひとつの画面の積み重ねみたいなところがある。
 名監督の逸話などを読んでいると、ひとつの場面を撮影するために一日、二日、どころか一週間でもねばったという話がよく出てくる。流れるような物語というが、実際のところはひとつひとつの画面の力が物語を引っ張っていく。つまらないと感じる物語は、この画面の力が弱いのだと思っている。
 さて、『スペック』である。これを面白いといった人間が身近に何人かいる。ぼく的には狙いすぎていて、ちょっとね――と、いったところだ。こういうことをいうと、『スペック』ファンの知人に、
「わからないやつだ」
 と、いわれそうでおっかないが、こればかりは好みの問題なので仕方がない。物語そのものがかかえていた一種の矛盾は、許容できる。矛盾があっても面白い物語はいくらでもある。ただ自分はおじさんになりすぎて、このかっこよさについていけなかった。
 ぼくがかっこいいと思うものはいくつもあるが、いまぱっと思い浮かんだのは、市川崑だ。《かっこいい》を端的に表している作品がある。長くはない。すぐにみることができる。忘れもしないサントリーレッドのCM。あれはかっこいい。いまでも色褪せない。
スポンサーサイト

カテゴリ: テレビドラマ

テーマ: SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~ - ジャンル: テレビ・ラジオ

[edit]

Posted on 2010/12/19 Sun. 07:09    TB: 0    CM: 2

この記事に対するコメント

市川ワールド

拙ブログにコメントをいただき、ありがとうございました。

gitanさんの博学、見識の広さには到底及びませんが、いつも拝読いたしております。

市川崑さんのサントリーレッドのCM。
私も心惹かれました。
あの映像や演出に心が動かない人がいるだろうか、と思うぐらいです。

いくら現代的なお酒の飲み方になっても、いや男女の仲になっても、あの風情はやはり捨てがたい。
よく似たCMは今もありますが、あの作品を越えたものは未だ観たことがありません。

1秒1秒が濃密な空間です。
やはり凄い!としか言いようがございません。
あの積み重ねが、市川ワールドの神髄だったんだなあと思います。

今年1年、いろいろとお教えくださってありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。

URL | お夕 #wikz35BA

2010/12/30 01:50 * 編集 *

Re: 市川ワールド

 コメントありがとうございました。日々変わらぬお夕さんの紋次郎への愛情に感動しております。来年も、紋次郎と旅を続けてください。

 市川崑さんのCMはほんとうによかったですね。あの短い時間でちゃんと物語を感じさせるというのはすごいことだと思います。あの場面の前にも物語があり、あの後にも物語が続いていく。そういうことを感じさせる映像の力というのはすごいものだと思います。

 説明なんかいらない、見ればわかるというやつですね。無声映画を撮るつもりで撮れといったのは黒澤明だったか、記憶は曖昧ですが、まさにそういうことだと思います。一流監督の編集技術というのはほんとうにすごいと思います。

 時々思うのですが、もし市川崑でなければ『木枯し紋次郎』は、あれほど成功しなかったと思います。日本的な感傷とはすこし違う位置に立つ市川ワールドがあったからこそ、原作にある乾いた諦観を表現できたのだと思っています。

 来年もよろしくお願いします。

URL | le_gitan #-

2010/12/31 04:56 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/296-1a2ce1cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。