Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

月下の門 

 僧は推す月下の門

 僧は敲く月下の門

 月下の門は推すか敲くかである。昔からそういうことに決まっている。読みを書くと《おす》と《たたく》だ。この字を見てぴんとくる人はもう少なくなっているのかもしれない。何のことかといえば、つまり推敲である。
 ワープロ、パソコンが登場して以来、文章に手を入れる推敲という作業は劇的に変化した。書いているそばから気にいらなければなおしていくことが可能になったからだ。それも推敲といえば推敲だが、少しイメージがちがうような気がする。これはあくまでも感覚の問題だ。そんなことは思わないという人がいても少しもかまわない。
 推敲と聞くと、四百字詰原稿用紙(もしくは二百字詰原稿用紙)の枠の外にある細長い空白に細かい文字を書き込むというイメージだ。かつて小説家の生原稿などを見ていると個性的な文字と、余白へのこれでもかという書き込みを目にして、文章を書くというのは大変なことなんだなあと慄いた覚えがある。
 ああいった生原稿を見るのも良し悪しだ。文章に取り組む人間の苦労を目の当たりにして、作文が嫌いになった。よく知っている日本語を、なんでそこまで苦労して書かなければならないのか。大いに疑問を感じたものだ。
 ちなみにぼくがこういった文章を書くようになったのは、ワープロ登場以降である。これはほんとうの話だ。今でもそうだが、手書きで文章を書くと悲惨なことになる。文章の体をなさなくなる。
 思いきり構えてしまうのだ。これから文章を書かねばならないと思うと、緊張して筆が少しも進まなくなる。これがワープロ、パソコンになるとがらりと変わる。まず、好きなところから書きはじめることができる。気にいらなければいくらでも書きなおすことができる。文章を組み換え、削り、書き加える、いずれも思いのままだ。
 おかげで文章を書くという緊張感から解放された。気軽に、それこそ軽いお喋りでもする感覚で書けるようになった。断わっておくが気軽に書けるようになったからといって、内容がともなうわけではない。それとこれとは話しが別だ。
 ただ、こちらは文章を書くことで生計を立てているわけではないので、駄文であろうが悪文であろうがかまわない。その時々の自分の言いたいことを書けるほうが、ぼくにとっては重要である。とにかく、子供のころにワープロ、パソコンがあれば、あれほど作文で苦労することとはなかったはずだ。

 猛烈な推敲で有名なのは、オノレ・ド・バルザックだ。御存知の方も多いと思う。フランス文学に『ナニワ金融道』の感覚を持ち込んだ革命的作家である。もちろん、『人間喜劇』のほうが『ナニワ金融道』よりもずっと早く書かれているから、この表現は正しくない(笑)。
 これも有名な話だから御存知の方も多いと思うが、バルザックは夜を徹して憑かれたように小説を書いた。その段階では文章のできがわからなかったらしい。いったん印刷されたものを見てはじめて文章が見えてきた。
 そこから、怒濤の推敲がはじまる。余白がなくなるほどの書き込みを行い、それを印刷し、ふたたび推敲し……ということを繰り返した。従ってバルザックの校正刷りは、余白をたっぷりと取った紙に印刷されていた。最高、十六回これを繰り返したというから驚きである。印刷所はたまったものではなかったろう。
 しかし、バルザックはどれほど不利益をこうむっても絶対に推敲を止めなかった。膨大な借金返済のために小説を書いたといわれるが、やはり止むに止まれぬ思いがあったのだろう。自分の納得するものを書きたいという表現者としての欲求だ。
 ワープロ、パソコンがもしあれば、バルザックは狂喜乱舞したことだろう。もしかするとその作品群はさらに巨大になっていたかもしれない。
スポンサーサイト

カテゴリ: 日記

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

Posted on 2010/09/30 Thu. 20:35    TB: 0    CM: 5

この記事に対するコメント

le gitanさん、こんにちは。
推敲という言葉、初めて知りました。その漢字の熟語からして難しい言葉のように感じます。

私も学生時代は作文は苦手でした。授業中、思ったことをその場で書いて提出しろと言われても、興味のないものに何の感想を持てばいいのやら…と悩んだものです。周りの生徒が、鉛筆をカリカリと音をさせながら作文に没頭している姿を見るとよく白けたものです。そしてle gitanさん同様、私もパソコンに大きな恩恵を受けました。両手10本の指でキーボードを自在に叩く感覚は書くのと違ってリズム感が生まれるし、スピード感も増します。そして叩いている側から読みやすい字体がタイプされていくのですから、「推敲」もしやすくなるというものです。

le gitanさんのブログをはじめ、私は自分と共通の趣味や考えを持つ一般人のブログを好んで拝見します。有名人などが書くものと違い、地味だけど味わいのある内容や文章に、時に強く共感したり感動したりします。きっと皆さんもパソコンの登場に「狂喜乱舞」まではいかないにしても、その便利さを武器に自身の想いをブログに綴っているのでしょう。私もいずれか、自分のブログを持ってみようかと思います。

お邪魔しました。 シロクマ

URL | シロクマ #-

2010/10/02 16:11 * 編集 *

ご無沙汰しています

日常的にものを書く生活をしているものからすると、やはり、キーボードから生まれる文章(言葉)は、命を持たないのです。立ち上がって来ないのです。
なんというか、行間がすかすかになってしまいがちです。
短いエッセイや、紹介文以外は、手書きでないと、作家の本意は見えて来ないというのが持論です。
ま、これはあくまでも、わたしの場合ですけど。

URL | 花森こま #Xz8LBlHQ

2010/10/03 01:46 * 編集 *

Re: タイトルなし

 世に、作文が苦手という人がたくさんいて安心いたしました(笑)。お返事が遅れて申し訳ありません。なんだかばたばたと忙しく走り回っていました。こういうのを貧乏暇なしというのでしょう。

 推敲という言葉の語源は、中国唐代の詩人賈島が、「僧は推す月下の門」か「僧は敲く月下の門」か迷いながら歩いていたとき、、韓愈というこれまた偉い人の行列に突っ込んでしまい、それが縁で教えを請い、
「そりゃやっぱり敲くだろう」
 と、いわれたことから「推す」か「敲く」かつまり「推敲」になったということです。この「推敲」について今でも覚えている話しがあります。シロクマさんは御存じないかもしれませんが以前「週刊プレイボーイ」という男性向け週刊誌がありました。

 その週刊誌のなかで柴田錬三郎さんという作家の方が若者向けの人生相談コーナーを持っていました。あの『眠狂四朗』の作者です。円月殺法の生みの親です。ある読者がその柴田さんに、

「先生は、日本語タイプライターのようなものが発明されればお使いになりますか」
 と、いう質問をしてきました。時代は1970年代だったと記憶しています。まだワープロもパソコンもこの世に存在していないか、存在していても研究室のなかだけだった時代でした。和文タイプというものはたしかに存在しましたが、これで小説を書いたというのは平井和正さんだけだったと記憶しています。

 とにかく、そういった質問を受けた柴田さんは、英文タイプライターのような日本語用タイプライターが発明されても絶対に使わないと返事をされていました。その理由のひとつに「推敲」の問題があるとおっしゃっていました。タイプライターのような機械では日本語の「推敲」はできないはずだ――と、そのような内容だったはずです。

 もちろん、柴田さんには現在のようなパソコン、ワープロのイメージはなかったと思います。しかし、仮に知っていたとしても頑として、
「おれは使わない」
 と、いわれたような気がします。ぼくにとってみれば、パソコンやワープロは「推敲」のための機械のような気がしますが、柴田氏の考える日本語にはもしかしたら機械が入りこむ余地はなかったのかもしれないと、ロマンチックに考えたりもします。

 いってみれば矜持のようなもので、プロの作家として日本語というのはかくあるべき、という信念のようなものがあったのだろうという気もします。それはそれで立派な覚悟だと思います。

 以前、このブログでテクノロジーと表現について書いたこともりましたが、テクノロジーは表現を変えていくのは事実だという気がします。時代と表現については一度じっくりと考えてみたい気もしていますが、なにせ怠け者ですから……(笑)。

 色々なことを書きましたが、とりあえず、人はできることしかできないという現実もありますから。

URL | le_gitan #-

2010/10/07 19:21 * 編集 *

Re: ご無沙汰しています

 お久しぶりです。お元気でしたか。お返事が遅れて申し訳ありませんでした。ぼくが文章を書こうと思うとき、なぜか思い浮かべる作家が二人います。あるいは二つの作品というべきかもしれません。

 ひとつは「野火」で、もうひとつは「流れる」です。大岡昇平さんと幸田文さんです。この二作品は内容がどうこうというよりも、その文章に惹かれます。悔しいですが、おふたりともパソコンもワープロもお使いになっておられません(笑)。

 もちろん、プロの作家、それもプロ中のプロの手が、言葉を厳選して編み上げた日本語ですので、アマチュアのぼくなど手本にすることすらできませんが、それでもこの二作品には、手の届かないアイドルに熱狂するファンのような気持にされることが時々あります。

 ぼくの好きなタイプの日本語は、その多くが手で書かれたもので、そういった作品を読むとき、昨今流行りの速読術はあまり役に立たないなと思います。優れた日本語は内容もさることながらその言葉の持つ響きを楽しまないことにはもったいないと思え、じっくりゆっくり味わいながら読みたいと思っています。

『女の欲望は、いわば常にキリもなく空を直線に飛びつづけている鳥のようなものでした。休むひまなく常に直線に飛びつづけているのです』

 と、いうのはあの『桜の森の満開の下』の一文です。これも好きですねえ。この種の文章はテクノロジーに縛られた文章からは生まれにくいのかなと思ったりします。こういった文章に出会う機会が少なくなったように思える昨今です。

URL | le_gitan #-

2010/10/07 20:29 * 編集 *

有難うございます

お忙しい中、わざわざ返信をして下さり、有難うございます。そして「推敲」という言葉の成り立ちを詳しく説明して頂き、大変勉強になりました。

私は幼少の頃より、父の仕事の関係上、海外に13年以上住んでいました。それが主な理由で日本語という言語にかなりの苦労を強いられました。それと同様に、海外でも英語という言語に悪戦苦闘したのは言うまでもありません。とにかく私にとって言葉を話したり文章にするという行為は、いつも苦労とストレスがつきまとうものでした。

バイリンガルとはかっこいいイメージを持たれがちですが、よほど努力をしない限り、2カ国語とも一般レベルより少しずつ劣っていて当たり前であり、それを放っておくと恥を掻いたり常識知らずのレッテルまで貼られてしまいます。そんな私にとってパソコンは文章を書く上で、言わば補助器のようなものであり、便利なツールという枠を超えたものとなっています。勿論、この「機械に頼ること」ゆえに言葉も軽くなりがちなのは否めません。しかし今の私のレベルでは、手で書くよりパソコンを使ったほうがまだマシな文章になる確立が高いのが正直なところです(笑)。いずれか手で書くほうが味のある文章だと思えるようになれば本当にかっこいいのでしょうね。まぁ、そんなことまずないでしょうが(笑)。

失礼しました。

URL | シロクマ #-

2010/10/07 22:13 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/284-5cc291a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。