Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

戦争論 

 8月も15日を過ぎると戦争の話題も遠のく。しかし、8月になるとあらためて日本は敗戦国だということを認識する。年齢がばれそうでいやなのだが、ぼくは戦争に意外に近いところで生まれている。父は兵士としてあの戦争に参加した。
 父から聞いた戦争の話しは、空腹と、いじめと、理不尽に満ちていて、正直に気の滅入ることばかりだった。親戚のなかには大陸で戦闘に参加した人もいる。いる、と進行形で書いているのは、その方はまだ元気で矍鑠としておられるからだ。
「戦争が終わったと知ったときは、正直ほっとした」
 父はそういっていた。
 あのまま戦争が続いていれば父は確実に死んでいた。父が戦争にいったのは、お国のためではなかった。家族を守るためでもなかった。召集令状がきたからいったのだ。仕方がないからいったのである。行かなくていいものなら行きたくなかったといっていた。
 父から戦争に行く朝の話を聞いたことがある。足が前に向かって進まないような気持だったといっていたことが印象に残っている。あの戦争をどう評価するかは人それぞれでいいと思う。しかし、ぼくの周りにかつていて、そしていまもいる戦争に参加した人たちは、二度といやだと誰もがいっていた。
 アニメ映画の名作『パトレイバー2』は戦争がテーマだった。少なくともぼくはそう思ってあの作品を観た。物語のなかで正義の戦争と卑怯者の平和について語る場面がある。語るのは竹中直人の渋い声だ。
 正義の戦争と卑怯者の平和、どちらの言いかたも好きではない。この世界には正義の戦争もなければ卑怯者の平和もないと思っている。戦争がなかった時代はない。世界のどこかで必ず戦争はあった。幸運にも65年間、戦争がなかった奇跡の国があるだけだ。
 誇りをかけて戦うという言葉を聞く。勇ましく、まことにかっこいいが、後に何が残るのか、やるからには覚悟を決めなければならない。理不尽な世界だ。戦いを避けられない場合もあるかもしれない。しかし、卑怯者の平和を恥と思う精神構造で、なりふり構わぬ戦いにほんとうに勝てるのだろうか。
スポンサーサイト

カテゴリ: 日記

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

Posted on 2010/08/29 Sun. 16:22    TB: 0    CM: 4

この記事に対するコメント

le gitanさん、今晩は。以前、 コメントさせて頂いたシロクマです。

身近に戦争体験者がおられるというのは、本当に貴重ですね。どうにか戦争から生きて帰れて何よりです。私の周りにはそういう方はおりませんし、実際、戦争体験をされた方から直接お話を伺ったこともありません。それでも、地方へ出張した時など機会さえあれば、広島は平和記念資料館、鹿児島は知覧特攻平和会館、または沖縄は平和祈念資料館など訪ね歩きました。どこも気の重くなる場所ですし、特に知覧は涙なくして見学出来ない程の衝撃を覚えました。このような立派な資料館を建てて、戦争の悲惨さを世に訴えても、未だ戦争をしている国があるのは、人間の愚かさの表れでしょうか。

約8年程前、日産がセレナのCMでCreedence Clearwater Revival (CCR)というバンドの"Have you ever seen the rain"をCMソングとして起用しました。この歌はとてもキャッチーで軽快なメロディーではありますが、実はベトナム戦争に対して痛烈に批判した反戦歌でした。"rain"は当時、ベトナムを爆撃する為に使用されたナパーム弾の比喩であり、「それはピーカンの日に降ってくる」と歌っています。当時、アメリカで放送禁止歌とまでなったこの曲を、全く関係ない自動車のCMに使うこの無神経さは、日本人の平和ボケを露呈しているなと思いました。ちなみにこのCMのキャッチコピーは「モノより思い出」だそうです。

話変わりますが、6月に中村中さんのコンサート行ってきました!!!正直、CDで聞くより綺麗な歌声で感動しました。le gitanさんも機会があったら、是非、観に行ってみて下さい!!

長文、失礼しました。

URL | シロクマ #-

2010/08/30 23:45 * 編集 *

 お久しぶりです、シロクマさん。毎日暑いですね。

 CCRの『雨を見たかい』は大変印象に残っています。深夜放送でよく聞いていました。長い間戦争の当事者になったことがないからだと思いますが、日本には優れた反戦歌というのは少ないような気がします。

 深刻な内容の唄は、明るく軽快に歌った方が、ぐっと胸にくることがあります。そんな中でひとつ印象に残る反戦歌、といっていいのかどうかわかりませんが、『悲しい兵隊』という曲が長谷川きよしさんの曲にあります。これはかなり好きな曲です。もっとも、この曲を反戦歌かもしれないと思いはじめたのは、最近のことですが(笑)。

 広島には何度もいったことがあります。戦勝国と敗戦国、勝っても大勢の人が犠牲になり、負けて多くの人が犠牲になる。戦争は歳よりがはじめて若者が死ぬといった人もいます。人間の愚かさは微笑ましい場合もありますが、叫びたくなるようなときもあります。

 さて、中村中さんですが、コンサートに行ってこられたとのこと、よかったですね。実はぼくも一度だけいったことがあります。デビューして間もないころ、名古屋で行ったミニライブに行ったことがあります。

 まだ今ほどプロらしくなかったころのことです。もちろん十分うまかったですが、おそらく今の中村中さんはあのころよりもさらに上手になっているのだろうと思います。いつかどこかのライブ会場でお会いできればいいですね。

URL | le_gitan #-

2010/08/31 20:08 * 編集 *

はたまたシロクマです。コメント、有難うございます。

日本で印象に残る反戦歌といえば、私は最近知ったレゲェー歌手のMetisさんの「アオギリの木の下で」です。祖母を被爆者に持つ広島出身の彼女は、ご自身でこの曲を書き上げ、今どきの若手歌手と一線を画す歌唱力で歌い上げています。まだお若いのに立派だなと思いました。

私の心に一番響き続けている反戦歌は、誰もが知っているあのSimon & Garfunkelの"Scarborough Fair"です。でも、この曲が反戦歌だと気づいたのは、聞き始めて相当暫く経ってからです。そのメロディーがあまりに美しく、二人のハーモニーがあまりにピッタリのせいか、歌詞の内容に辿り着くまでにお腹いっぱいといった具合です。le gitanさんがおっしゃられてた、「深刻な内容の唄は、明るく軽快に歌った方が、ぐっと胸にくることがあります。」と同じく、反戦の意をこれだけ素朴に美しく歌い上げられると、じわじわと恐ろしさが込上げてきます。特に戦争に関する歌詞は、Paulがメインメロディーの後をそっと追う形で歌っています。そのメインの歌詞との内容があまりに反比例していて、これは人の陰と陽を表しているのかとか、色々推測していくときりがありません。とにもかくにも、よくぞこんな曲を書いたと未だ感心してしまいます。

そして本題?に入りますが、私は12月30日に東京国際フォーラムにて、中村中のコンサートへ行く予定です!チケット手配済み。とりあえず、ご報告まで。中ちゃんの4thアルバムは9月22日発売なのですが、今回のアルバムに「戦争を知らない僕らの戦争」というタイトルの曲を見つけました。どんな曲か想像つきませんが、S&Gの教訓を得てじっくり歌詞まで聞き込みたいと思います。

また長文、失礼しました。


URL | シロクマ #-

2010/08/31 23:27 * 編集 *

 サイモンとガーファンクルはアコースティックギター小僧だったぼくには印象深いものがあります。ポール・サイモンのギターは究極のフォークギターテクニックみたいなところがあり、今でも大好きです。ギターだけではなくメロディ歌声もハーモニーも美しかったですね。

 それとは別に、あの詩の難解さ(笑)。ぼくの貧しい英語力では理解の及ぶところではありませんが、にしても難しかった。あの美しいメロディと理解が追いつかないようなややこしい詩の世界のギャップがとても魅力的でした。

 日本語というのは複雑な物語を歌にするには、やや適さない言語かと思うことがあります。基本構造として音符ひとつにひとつの音しか乗らないわけで、これで複雑な物語や難解なパズルのような世界を構築するのは、けっこう大変という気がします。英語圏の人がうらやましくなる瞬間です(笑)。

 もちろん、日本語を母国語とするぼくにとって日本語は美しい言語で、これを自分の肉体の一部のように自在に操りたいという願望のようなものはあります。しかし、思いとは裏腹にやれることはよちよち歩きです。S&Gの詩の世界を十分理解できないもどかしさみたいなものが、質はちょっと違いますが、やはり日本語の場合もあります。

 レゲェ歌手のMetisさんは、おそらく以前に一度耳にしていると思います。確か『母賛歌』を歌った人ではなかったでしょうか。『誰も知らない泣ける歌』とか言う番組で取り上げられそのとき聴いたはずです。

 では、シロクマさん、中村中さんのライブを楽しんできてください。これからもよろしく。

URL | le_gitan #-

2010/09/03 00:00 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/280-74368596
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。