Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

とてもクールな潮来笠 

 潮来の伊太郎といえば橋幸夫さんである。懐かしの歌謡曲だが、実は小説にもなっている。作者はあの笹沢佐保さんである。このブログでもたびたび書かせてもらっている木枯し紋次郎の作者だ。
 橋幸夫さんの『潮来笠』はほのぼのとした歌謡曲だが、笹沢佐保さんの『潮来の伊太郎』は紋次郎と重なる暗さと冷たさがあったように思う。たしか劇画化もされていたはずだ。《かわぐちかいじ》さんか《ほんまりう》さんが作画をされていたと記憶している。
 小説、劇画ともに何作か読んだことがあるが、劇画のほうには紋次郎のストーリーも転用されていたような記憶がある。原作の原稿が間に合わなかったのか、それとも別の理由があったのか、そのあたりこのとはわからない。
 紋次郎のトレードマークはいわずと知れた長い楊枝である。ちなみにあの長い楊枝は歯を磨くためのものではない。歯を磨く楊枝は房楊枝といって片側が文字通り房のようになっている。口にくわえて飛ばせるような代物ではない。飛ばすどころか、口にくわえて話すこともかなり困難だ。
 都筑道夫さんの作品に時代劇のパロディ作品がある。その中に紋次郎のパロディがあり、うっかり房楊枝を加えてしまったために、まともに喋れないという抱腹絶倒の場面がある。房楊枝を加えれば、つまりそういうことになる。
 紋次郎にトレードマークがあったように笹沢氏が描いた潮来の伊太郎にもトレードマークがある。弓懸けである。弓道の弓を引くときに使う手袋のようなものを着用していたと記憶している。鹿皮製のものらしい。伊太郎が弓懸けをしている理由は、むかし負った傷がもとで時々手がしびれるというような設定ではなかったろうか。
 侍崩れで居合の達人という渡世人と伊太郎が戦うという作品があったことを覚えている。その作品の中で笹沢佐保氏は人を斬るということの難しさに言及していた。曰く、人を斬るというのは高等技術で、訓練を受けていない者にはほとんどできない技であると。侍崩れの渡世人と伊太郎の貫録比べのような描写もあり、そのたりが面白かった。
 笹沢佐保氏が潮来の伊太郎を書いた背景には、やはり紋次郎の影響が大きかったのだろう。それまでとは異なる感覚で股旅ものを描いた笹沢佐保氏に、潮来の伊太郎という古き良き時代の渡世人を再生させようとした(のだと思う)のかもしれない。企画としては面白かったと思う。
 笹沢時代劇の面白さが必ずしもリアリティにあるとは思えない。夢も希望もないあてのないさすらいが当時の世相と合致したという部分が大きかったようにも思う。今ならもっとあうような気がするが、現実の悲惨さがあまりにも重く、フィクションに自分たちの人生を重ねる余裕すらないような気もする。
スポンサーサイト

カテゴリ: 読書

テーマ: 小説 - ジャンル: 小説・文学

[edit]

Posted on 2010/01/31 Sun. 18:07    TB: 0    CM: 2

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #

2010/02/02 00:25 * 編集 *

『御子神の丈吉』は残念ながら読んでおりません。ずっと昔、映画は見た記憶があります。映画は必要以上に暗い感じがして、あまりいい印象ではありませんでした。おそらく原作とは異なるものなのだと思っています。

笹沢佐保氏の作品は深い諦観に彩られているものが多く、その意味では暗い、ということになるだろうと思います。しかし、笹沢氏の文体は乾いていて、陰湿な印象を受けません。映像化するにあたり、ストーリーだけを追っていけば、笹沢作品の味を損なうように思います。暗いだけの作品になってしまいかねないと思います。

市川崑はさすがでした。あのシャープな映像感覚がやはり笹沢ワールドをもっとも正しく表現していたと思います。暴論ですが、笹沢ワールドは案外外国人監督が会うのではないかと思ったりする今日この頃です(笑)。

URL | le_gitan #-

2010/02/03 18:43 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/264-fe3b5e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。