Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

嘘のつき方 

「あれって貧民街じゃないわよね」
 彼女はいった。
 確かにそうだ。あの映像を見るかぎり、あそこは貧民街には絶対に見えない。わが日本でなら、あそこは普通の街だ。
「マイケル・ムーアも感動していたな」
「カナダって文明国ね」
 文明国という言い方がおかしくて思わず苦笑した。しかし、彼女の言葉は正しい。人々を貧困のままに放置している国は文明国とは言えない。
「これまで一度でも、人々を無知と貧困のままにしおいてはいけないというふれがでたことがあったか」
 貧困に対して何もしようとしない政治に対して静かな怒りをぶつけたのは黒澤映画の『赤ひげ』だった。もしかすると今の日本は赤ひげが嘆いた時代の日本と、本質的な部分であまり変わらないのかもしれない。派遣村ができるような国が本当に文明国といえるのか、微妙だと思う。
 彼女が話しているのはもちろん、『赤ひげ』の話ではない。『ボウリング・フォー・コロンバイン』――いまさらいうまでもないが、マイケル・ムーアの傑作ドキュメンタリー映画である。あまりにも有名な作品だから、内容については深く触れない。
 ひとことでいえば、どうしてアメリカ人はやたらと銃を撃ちたがるのかという内容だ。ご覧になった方からすれば、ずいぶん乱暴な作品紹介だと思われるかもしれない(笑)。しかしまあそういうものだと思ってください。

 ドキュメンタリー、あるいはノンフィクションというものがいまひとつよくわからない時期が長く続いた。知的レベルを露呈してしまうようで恐ろしいのだが、現実の風景を切り取って見せるあの手法が、長く理解できなかった。本当のことなど少しも面白くない。嘘のほうがずっと楽しい。そう固く信じていたし、いまでもそんなところがある。
 否定しているわけではない。すぐれたノンフィクションやドキュメンタリーは読んだり観たりしていた。面白くないというのではない。なにかひとつ理解の及ばないところがあったというべきかもしれない。
 面白いけれど、それは現実の問題について考えさせるためのもので、一種のお勉強のように感じられて、普通の意味で面白いという感じではなかった。先入観の問題だ。面白いものを見ても、思い込みが邪魔をして楽しめないのだ。真面目な勉強とふざけた嘘。実害のない嘘なら、嘘のほうが面白いに決まっている。
 その認識が変わったのが、『ボウリング・フォー・コロンバイン』だった。
「弱者をたたいても何も解決しない」
 映画の中に出てくる言葉だ。これは胸にずんときた。この映画を観たころは、剥き出しの資本主義花盛りのころで、二言目には自己責任と言われうんざりしていた。政権交代がおきたいまでも、自己責任と聞くといらっとくる。
 確かに自己責任はある。しかし、運だってあるのだ。人生におけるある種の運不運は、やはり無視できない。歳をとればとるほどそれを感じる。努力はもちろん大切だが、それだけですべてが解決するものなら誰も苦労はしない。人生がままならないのは世の常だ。
 とにかく、そのころの日本は弱肉強食の資本主義を目指していて、人間を「勝ち組」と「負に組」に分けるのがブームのようになっていた。ぼくのような落ちこぼれにはずいぶん生きづらい世の中だった。映画の内容、テーマよりもその言葉にまずひかれた。
 映画そのものももちろん面白かった。何度か見ているうちに、これはある種のコラージュだとはたと気づいた。現実を切り取り、それを自分の描きたいテーマに沿って切り貼りしていく。現実という素材を使ってあるストーリーを構成している。

「結局、嘘なのよ」
 彼女はいった。
「いきなりなんだよ」
 ぼくは苦笑する。いつもこうなのだ。彼女の言葉にはいつも飛躍がある。過程をすっ飛ばして結論だけを言ったりするから、聞いている方は何を言っているのかさっぱり分からなくなるときがある。
「ドキュメンタリーとかノンフィクションといっても、つまりはお話よ。人が語ることはすべて物語だわ」
 なるほど、そうかもしれない。ぼくはマイケル・ムーアの考えを支持する。しかし、描いたことがすべて現実であるとは思わない。あれはマイケル・ムーアにとっての現実である。万人にとっての現実ではないはずだ。あるいはマイケル・ムーアが問題意識を持って切り取った現実だ。
「ドキュメンタリーというとつい本当のことと思いがちだけど、あれは一人の人間が自分の考えに基づいて再構成した現実で、わたしにとっての現実ではないかもしれない。現実にその場に立ち会えば、まるで違う出来事だったのかもしれない。誰かが自分の人生について語っても、それが現実というパーツを再構成したものなら、物語と何も変わらない。人間に嘘とほんとうの境界線がわかるとは思えない」
 人の話すことには必ず嘘が交じる。無意識についている嘘、他愛もない嘘、錯覚による嘘……。人は悪意に基づく嘘だけを《嘘》だというが、ほんとうのところ、我々は大小さまざまな嘘の中で生きている。彼女の言葉は正しい。嘘との本当の境界線を判断することは難しい。人は自分自身も騙す。
「だからね、問題は嘘かほんとかじゃない。うまいか下手、そこに尽きるのよ」
 さあ、それはどうだろう。その部分に関しては全面的に賛同しかねた。何を持ってうまい下手の判断をするのか、難しい問題だ。しかし、反論はしなかった。へたに反論しようものなら、とんでもない反撃を受けて、木っ端みじんに打ち砕かれかねない。彼女は結構怖いのだ。
 マイケル・ムーアに関して言えば、語りの名手だと思う。映像とそこにかぶるナレーションの絶妙なリズム感。これが素晴らしい。ぼくにとって(そしておそらく彼女にとっても)は素晴らしいと感じるリズムがある。マイケル・ムーアが語ったことに賛成反対、立場はそれぞれだと思うが、あの心地よい映画のリズムに触れるだけでも観る価値はあると思う。

スポンサーサイト

カテゴリ: 映画

テーマ: 洋画 - ジャンル: 映画

[edit]

Posted on 2009/11/28 Sat. 19:01    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/254-7d8900d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。