Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

白石ありすは女性なのか? 

 覚えている人がどれだけいるかわからないが、白石ありすという詩人が好きだった。この人の作詞した曲は、たとえば吉田拓郎の『御伽草子』がある。上條恒彦の『都会の朝』、ぐっと渋いところでは小室等さんの『橋』というものあったと思う。1970年代から1980年代にかけて活躍されたと記憶している。
 最近ネットで、白石ありすさんは男性ではないかという記事を読んで、ちょっと驚いている。ぼくはてっきり女性だと思っていた。もっとも白石ありす男性説を書いておられた方も、確たる証があるわけではないらしい。
 なんでも小室等さんが、
「白石ありす氏」
 と、いっていたから男性ではないかということだった。
 白石ありすという人の詩を一番最初に知ったのは、上條恒彦さんの『都会の朝』という曲だった。

 鳥はまたいつか帰ってくるよ(戻ってくるよ、だったかな)
 この空を見上げたときに

 というフレーズがあり、そこに感動した。たいてい飛んで行ってしまった鳥は戻ってこないものだ。空を見上げれば鳥はまた戻ってくるというのは、なんともかっこいい。クールだ(笑)。
 白石ありすという人の出世作(だったと思うが)になった詩に――街は緑でいっぱい――というような内容のもがあったように記憶している。もうずいぶん昔のことで記憶も曖昧なもので、間違いがあるかもしれない。
 間違いがあることを覚悟の上で、続ける。この詩について聞いたのはラジオ番組だった。上條恒彦さんと小室等さんが話していた。とにかく、街は緑でいっぱいなのだという発想が好きだった。しつこくいうがこれは記憶ちがいかもしれない。
 白石ありすさんについて思いを巡らせはじめたのは、実はこの詩について調べたいと思ったからだった。何かのはずみでふと思い出し、ネットで調べれば分かるかもしれないと安易に考えていた。ところが白石ありすという人に関する情報、特に近況についての情報はネットにもほとんどない。すでに過去の人、ということなのだろうか。
 いったいどこに消えてしまったのだろう。いまでもどこかで密かに詩を書いていいてくれているのだろうか。また、いつか誰かが、白石ありすさんの詩に曲をつけて歌ってくれることを切に願っている。
スポンサーサイト

カテゴリ: 音楽

テーマ: 音楽 - ジャンル: 音楽

[edit]

Posted on 2009/11/19 Thu. 20:39    TB: 0    CM: 6

この記事に対するコメント

白石ありす は テニスが好きでしたよ。

うさぎとゴールデンレトリバー犬を飼ってますよ。

URL | #-

2010/09/14 16:33 * 編集 *

Re: タイトルなし

ありがとうございました。

URL | le_gitan #-

2010/09/18 15:09 * 編集 *

白石ありすさんは女性ですよ。

当の小室等さんのアルバム「23区コンサート東京旅行」の中で、
声によるコメントを、寄せられています。
それも「都会の朝」の曲の直前に収録されています。

鳥はまたいつか飛んでくるよ
この空を見直したときに

私もこの歌が大好きで、かつて時々自分でギターを弾き歌いました。

URL | へくとぱすかる #-

2011/01/10 22:56 * 編集 *

Re: タイトルなし

 へくとぱすかるさん、コメントありがとうございました。お返事が遅れて申し訳ありません。白石ありすさんは、やはり女性でしたか。ほっとしました(笑)。正直に、男性だったらどうしようかと思っていました。

『都会の朝』という曲で印象に残っている場面があります。この曲が出たころ、歌っておられた上条恒彦さん主演のドラマがありました。上条さんは作曲家志望の青年(?)の役で、アルバイトでダンプカーの運転手をしていました。

 上条恒彦さんがダンプカーを運転している場面に、『都会の朝』が流れ、これが非常によかった。作詞家の力は大きいですね。髭面のおっさんがダンプカーを運転しているという、いってみればただそれだけの場面が、詩的な映像になる――と、いうのはやや言い過ぎかもしれませんが、とにかくよかったです(笑)。

 そんなわけで、ありがとうございました。遅ればせながら、新年、明けましておめでとうございます。

URL | le_gitan #-

2011/01/14 00:39 * 編集 *

上條恒彦のドラマ、覚えてますよ。
あの時にはまだ、まさか後年に俳優になるとは
思いも寄りませんでしたね。

あれは日曜劇場の単発ドラマでしたね。
上條恒彦はライブ盤でこのテーマ曲を歌ってます。
「恋人のテーマ」となっていますから
ドラマのタイトルも「恋人」だったんでしょう。
-------------------------------------------------------------
ちなみに白石ありすさんは女性で
小室等さんのコンサートで
客席から日本酒を手渡している場面に
遭遇した事がありましたよ。

白石ありす名義の作品が途切れた78年頃に
佐藤ありすという作詞家が登場し
これは同一人物なのだろうか、と悩みました。
作風はちょっと違う気がしてました。
結論は出ませんが、その佐藤ありすさんも
今ではお名前を見ません。

URL | 3gatudo #-

2011/06/17 05:49 * 編集 *

ありがとうございました

 コメントありがとうございました。貴重な情報をありがとうございました。あのドラマをご覧になった方にこうしてお越し頂けたのは喜ばしい限りです。仰る通り、あのとき役者上条恒彦さんはぼくも想像していませんでした。

 それから、白石ありすさんのこと、ありがとうございました。女性であるという情報をいただき、ほっとしている次第です(笑)。ブログでも書きましたが、いつかまた白石さんが作詞なさった曲を聴きたいものだと思っています。

 参月堂さんの『音楽百問百答』も読ませていただきました。大変勉強になり、しかも楽しく、わかりやすい解説に感動いたしました。それにしても、村上ポンタ秀一さんというのは凄い人だったんですね。

 いまさらこんなことを書くのももの知らずで恥ずかしいのですが、その昔「イカ天」に審査員として出ておられたころに拝見して、ドラマーとしてキャリアのある方くらいにしか思っていませんでした。矢沢永吉も山下達郎も彼の前では格下というのにはびっくりです。

URL | le_gitan #-

2011/06/17 19:03 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/252-461715a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。