Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

『部屋の片隅』に気づく才能 

 中村中に『部屋の片隅』という曲がある。湿度の高い曲で、恋人の心の中に残るかつて愛した相手の面影に、ふと気づいていしまった女性の心情が綴られている。ありふれた内容といえばありふれた内容なのだが、けっこう好きである。
 中村中という人は恋愛至上主義だ。誰かを好きになることなど、考えてみれば当たり前のことだが、これほど厄介な代物も少なくない。時には命がけの修羅場が展開したりする。取扱には細心の注意が必要だ。
 中村中は人を好きになるということが思うに任せないという究極の場所にいるようなものだ。しかし、その一方で《好いた、惚れた》が思うに任せないのは、誰にとっても同じことだ。中村中の痛すぎる思い出か、あるいは現在進行形の思いが、誰の心にもひとつやふたつはある痛い思い出に響くのだろう。

 中村中が、目指している歌謡曲というジャンルは、常にありふれている。普通なのだ。普通であることの凄さが歌謡曲の命だといってもいい。社会の変革を目指したり、主義主張を声高に叫んだり、おまえたち奮い立てと煽ったりしない。いつも当たり前のことを歌っている。
 当たり前のように恋をして、当たり前のようにふられ、当たり前のように涙にくれる。それだけのことなのだ。ただそれだけのことなのに、多少の盛衰はあってもなくなりもせずに存在し続けている。求める人がいるからに決まっている。思想や主義は時代ともに変わっても、人間には絶対に変わらない感情があるのだ。

 歌謡曲というジャンルは『部屋の片隅』に気づく才能に支えられている、といっていいのかもしれない。どこにでも転がっているありふれた感情を拾い集め、言葉を与え、メロディを与える。
 部屋の片隅にあるものを皆見ている。見えているのに見えないことというのはよくあることだ。優れた歌謡曲は、部屋の片隅に転がっている感情を拾いあげて、
「ほら」
 と、目の前にぽんと置く。
 扱う題材はありふれていても、形にするには才能と訓練がいる。どれだけ売れるかは運の要素も大きいとは思うが、とにかく売り買いできるまでのものにするのは大変なことだ。いや、商売を離れてもとにかく形にするだけでも相当な才能なのだろう。
 ヤクザと兵隊をやれば、どんな役者でもうまく見えるという。泣くこと、叫ぶこと、特別な感情を表現することは、技術の巧拙を覆い隠してしまうものなのだろう。ちなみに「やくざと兵隊」云々ということを知ったのは、山田洋二監督の著書だった。『映画を作る』だったろうか。タイトルはちょっと怪しいかもしれない。
 ヤクザと兵隊をやればどんな役者でもうまく見えるに続くのは、普通の人間を演じることは難しいということだった。泣いたり叫んだりするような特別な感情を表現するのではなく、たとえば、
「このお芋、おいしいわね」
 と、いうような普通のセリフを言うことの方が難しいのだという。
 同じことが音楽――というよりもあらゆるジャンルついていえるのかもしれない。特殊なものは瞬発力はあっても、長期的に持続する感動を与えることは難しいのかもしれない。派手さはなくてもなぜか心から離れないものというのは確かにある。人は結局、ありふれたものに安心感を覚えるのだろう。
 最近、普通のものが少なくなってきたような気がする。派手さはなくても、どっしりとして安定感のる表現とでもいうか、そういったものがあらゆるジャンルから消えつつあるようながしてならない。それも時代の流れかもしれないが、少しさびしい感じがしないでもない。
 そういう意味からも、ありふれた歌謡曲を目指している(のかどうか知らないが)中村中には頑張ってもらいたいと思う。赤面しそうなほどべたな歌謡曲を堂々と作り、堂々と歌ってもらいたいものだと思う。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中村中

テーマ: 音楽 - ジャンル: 音楽

[edit]

Posted on 2009/06/17 Wed. 09:40    TB: 0    CM: 3

この記事に対するコメント

中村中さんについて

Le Gitanさんへ、

初めまして、シロクマです。
昨年末の小田和正さんの「クリスマスの約束」で、初めて中村中さんの存在を知りました。はい、ちょっと遅いですね。(笑) 並居るアーティストの中でも彼女の声と存在は、まるで異質の輝きを放っており、圧倒される衝撃を覚えました。日本にもこんなアーティストがいたんだぁ!と驚いたものです。

私は幼少の頃より、父の仕事の関係上、海外での生活が長く、洋楽ばかり聴きながら育ちました。もう30代半ばですが、恥ずかしながら、ちあきなおみさんの存在を知ったのは、中村中経由で今年です。歌謡曲とはほとんど縁が無くここまで来てしまいましたが、せっかく中さんのファンになったので、Youtubeなどの力を借りながら、少しずつ勉強していきたいと思ってます。Le Gitanさんの音楽の記事も参考にしながら、色々検索させて頂いてます。(確かに藤圭子さんの歌はうまい!)

それで現在は中さんのCDをiPodに納め、車中でもランニング中でも、HipHopに混じりながら、へビーローテーション中です。正直、歌謡曲慣れしていない私にはちょっと重い…と思う時もありますが、それでも中さんの曲の世界をもっと知りたい、もっとこの声を聴いていたいと思うのです。彼女の歌の良さを言葉に表すのは難しいのですが、そこでLe Gitanさんのブログを拝見すると、あ~そういうことなんだぁと凄く納得するところがあります。ある意味、胸がスーッとする感じです。

今月から中さんの「阿漕の旅」ツアーが始まります。今までコンサートというものに足を運んだことがない私ですが、保谷で行われるコンサートに行く予定です。生で聴く彼女の歌がどんなものか凄く楽しみです。

長々とすみません。今後もお互い中さんを応援できれば幸いです。

シロクマより


URL | シロクマ #-

2010/06/02 01:42 * 編集 *

 はじめましてシロクマさん。お訪ねいただきありがとうございます。

 藤圭子さんうまいでしょう。あの方が歌った『面影平野』は掛け値なしの名曲だと思います。ヒッキーのおかあさんですが、あの宇多田ヒカルさんの唄には、どこか歌謡曲の匂いがするのは、このおかあさんのDNAだろうと思っています。

 歌謡曲というのは不思議なジャンルだと思います。いってみれば鵺のような存在だと思います。本体がどこにあるのかよくわからない代物です。古臭い感じを持ちながら、自分を時代遅れにするジャンルを吸収しつつ、生き残って行く。そんな感じを、ぼくは持っています。

 中村中という人は、歌謡曲の新しい可能性だという気がします。これまでにも自作自演の歌謡曲歌手がいなかったわけではありませんが、ここまでメジャーになった人というのはいなかったと記憶しています(まあメジャーといっても大メジャーというわけではありませんが)。

 今後どういう活動を展開していくのかわかりませんが、まだ若く、才能が豊かで、表現者としても優れているとなると、仮に爆発的に売れることはなくても、実のある活動を続けて行ってくれると思います。

 シロクマさんは中さんのコンサートツアーに行かれるとか、思い切り楽しんできてください。ぼくも行きた行きたいと思いつつ、なかなかいけません(笑)。いつか中さんのライブ会場でお会いするようなことがあれば、そのときはよろしく。また遊びに来てください。では――。

URL | le_gitan #-

2010/06/02 14:48 * 編集 *

中村中さん、再び

Le Gitanさんへ、

こんばんわ。再び、シロクマです。
ご丁寧な返信、わざわざ有難うございます。

今回のLe Gitanさんのコメントで、藤圭子さん繋がりで、宇多田ヒカルさんの名前が挙がったのには、ちょっと驚きました。何故なら、私にとっての「日本にもこんなアーティストいたんだぁ!」と思われる人は、後にも先にも宇多田ヒカルさんと中村中さんだけだからです。他にも良いと思われるアーティストはいますが、頭がぶっ飛ぶほどの衝撃を覚えたのは、このお二人だけです。ヒッキーがデビューしてからもう10年は経ってますから、その間、あまり感動するような邦楽に出会えてないと思うと、少々残念でもあります。が、今の商業ベースに乗った、個性の無い画一的な音楽には正直うんざりしており、もう4年も前にデビューしていた中さんを知るまでに時間がかかったのも、邦楽への期待が薄れていたせいでしょう。

こうなると、本当に歌が上手かった歌手達だけが活躍出来た時代にワープするのもいいかもしれません。そしてYoutubeという便利なツールを使わない手はありません。早速視聴したのですが、藤圭子さんの場合、どう贔屓目に見ても(Hikkiサイド)、お母様の歌唱力のほうが一枚上と言わざるを得ません。これも歌謡曲の魔力なのでしょうか。まず、歌のタイトルからしてビビッてしまいます。(命預けます、生命ぎりぎり、命火 etc.) 本当に命がけで歌ってきたかのようです。この情念のようなもの、中さんの歌にも感じられますね。これだけ日本が豊かになったにも関わらず、昭和の香りを匂わすことの出来る独特な中ソングはやはり魅力的です。もっともっと学習していきたいと思います。またLe Gitanさんの歌謡曲に対するお考えがあったら、是非聞かせて下さい。

それと、中さんのコンサートに本当に出向くことがあったら、是非お会いしてみたいです。
またまた、長文すみませんでした。

シロクマ


URL | シロクマ #-

2010/06/03 01:06 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/230-71312edd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。