FC2ブログ

Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

ボールを消すための努力 

 消える魔球は魔送球だった。もちろん『巨人の星』の話だ。基本的にスポ根ものと呼ばれたジャンルの作品は好きではなかった。この種の作品で見ていたのは、唯一『巨人の星』だけである。
 同じ原作者の作品である『あしたのジョー』を入れるかどうか悩ましいところだが、あの作品はやはり除外するべきかもしれない。たしかにスポ根的な側面はあったが、あれはボクシングマンガという独立したジャンルに分類したい。
 消える魔球は『巨人の星』に登場する大リーグボール2号である。思えばこのころ、日本人が大リーグ(メジャーリーグ)で活躍することなど、遠い遠い未来のことか、あるいは夢物語のようなものだったのだ。大リーグボールという命名も、メジャーリーグでも通用する新変化球、というような意味だったと思う。

 ボールを消すのは大変なことである。どのようにボールを消すか、一応説明しておく。このボールは極めて特殊な変化をする。バッターボックスの手前でいったん落ちる。そして再び上昇する。この下降と上昇によって起きる風によって、グラウンドの砂を巻き上げ、その砂煙の中にボールを隠す、というわけだ。
 そして、ここがこの原作者の凄いところだが、これだけではボールは消えないとしたのだ。単に砂煙を巻き上げただけでは、完全にボールを消せない。もうひとつ秘密がある、としたことで、ストーリーに変化が生まれ、劇的要素がもうひとつ加わる、というわけだ。
 そもそもボールの風圧が巻き上げる砂煙にボールが隠れるのかという問題には目を瞑ろう。ボールを消せるほどの砂煙がたてば、消える魔球というよりも爆発魔球といわれるかもしれない。そういえば昔、《原爆直球》という物騒な名前の魔球もあった。
 百歩譲って砂煙にボールを隠せたとしよう。さらにそれを巧妙にやってのけるために、バッターにはボールが消えたとしか見えないということもあるかもしれない。が、カメラはボールの変化をものの見事にとらえるだろう。スロー再生では隠しようもなく、砂煙に隠れるボールを映し出してしまう。
 次々にわき起こる疑問にはいっさい目を瞑って、ボールは消せるということを受け入れよう。事実、ボールをどう消すのかというその方法に重点が置かれ、諸般の事情はまあいいかという気分になれるように作ってある(笑)。そういった点でもこの作品はうまくできていた。

 問題は主人公がこの奇妙な変化球をどこで身につけたかということだ。潜って浮上するという、まるで潜水艦のような軌道を描かせるには、いったいどんな回転をボールに与えればいいのか。
 これも原作者の凄いところだが、このボールの変化の根拠を、魔送球に求めたということだ。魔送球は主人公の父親が生み出した特殊な変化球だ。この父親は投手ではなく三塁手だった。魔送球その名の通り送球である。バッターを打ち取るものではなかった。父親はこの送球を編み出したことで、野球選手を断念したという、曰く因縁まで付加してある。
 ここでまたひとつドラマが生まれる。いまさらいうまでもないことだが『巨人の星』は親子二代にわたる野球との格闘を描いた物語だ。斜に構えて眺めると、野球の魔性に取り憑かれた親子の物語だともいえる。深読みすればこの作品は人間の情念を描いていたのかもしれないという気さえしてくる。
 消える魔球はこの魔送球を縦に変化させることで可能になるのである。好みは別として、この物語はほんとうによくできていた。主人公の今に、過去が重要な意味を持ってくる。すべての要素が密接に絡んでいる。そして、そのすべてがマイナスの方向に働き、主人公を泥沼に引きずり込んでいくという構造になっている。
 この作品が悲劇的な終わりかをするのは納得できる。過剰な情念が主人公と父親を最終的に滅ぼす。するとこれはスポーツを通して栄光をつかむ物語ではなく、なにかに取り憑かれた人間の悲劇の物語ということになる。

 しかし、過去の要素を絶妙に絡めることで、物語に矛盾が生じてもいる。消える魔球のもとになる魔送球だが、その原理は一応説明されていた。原作ではなかったような気がするが、アニメ版では、
「ボールにある特殊な回転を与え、物体に向かって投げると、複雑な空気の流れがおきて、ボールはほぼ直角に変化する」
 と、語られる。
 すると、魔送球はやみくもに変化するわけではなく、前方になにか物がなければいけないということになる。縦に変化させることは不可能だということになる。この種の矛盾は他にも色々とある。明らかな瑕疵と思われる部分もあるが、そういった矛盾や無理を乗り越えて、この作品はやはり名作だったと思う。
 好みの問題は確かにある。しかし、個人的にはこの作品を受け入れることができる。スポ根ものというジャンルは『巨人の星』が、もちろん最初ではない。どころかこの作品はスポ根ものと呼ばれる一連の作品群のなかで、明らかに異質だったような気がする。
 単純にひとりの人間を鍛え上げることを賛美するだけの物語ではなかったと思っている。気合と根性で鍛え抜かれた人間が栄光を掴むという物語の構造を持ちつつも、そこからはみだしていく過剰なものに満ち溢れていたような気がしてならない。
スポンサーサイト

カテゴリ: 漫画

テーマ: 漫画の感想 - ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

Posted on 2009/05/31 Sun. 09:50    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/225-3616da09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。