FC2ブログ

Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

1960年代から来た狙撃者 

 ゴルゴ13の正体は、もちろん芹沢五郎である。そう固く信じている。だから年齢は六十歳を超えていなければならない。ことによるとすでに七十歳を超えている可能性すらある。いったい、七十歳の狙撃者というのはどんなものだろう。しかし、とにかくゴルゴ13は今も現役で、世界のどこかで仕事を続けている。
 そのゴルゴの名前の由来だが、
「主を裏切って茨の冠をかぶせ、ゴルゴダの丘で十字架にかけた13番目の男」
 と、いうのが一応定説らしい。
 しかし、初期の作品では、西ドイツ使役刑務所(だったと思う)で《ゴルゴダの棺桶》とかいう拷問を受けても平然としていたからその名がつけられたとか、囚人番号が1214であったとか、まあいろいろ理由が付けられている。
 いまうっかり《ゴルゴダの棺桶》を拷問と書いたが、拷問というよりも特殊な独房であるらしい。別の作品――後で書くが――に、確かその形状が出てきたと思う。どうも、非人道の極みのような独房であるらしい。先進国でこんなことが行われていることが公になれば、時の政権も危うくなるかもしれない。もちろん、劇画の中のお話だ。
 考えるにゴルゴ13は人間ではない。おそらくミュータントである。本気でそう思っている。ゆっくりとした年齢の取り方もそうなら、他のあらゆる属性がそれを物語っている。神がかり的な狙撃術は、おそらく念動力で弾丸をコントロールしているのだ。まちがいない。

 ゴルゴ13のルーツに関するエピソードはいくつかある。そういったルーツものではないがまったく別の作品に、ゴルゴと重なる主人公が登場する。江波じょうじに『ザ・テロル』という作品がある。
「広場の思想」という特異な思想(?)を持つ殺し屋が主人公である。もう少し正確にいうと、この思想は貴城謙介なる人物の思想ということになっていたように思う。しかし、主人公の殺し屋とこの男は結局別人ということになったのではなかったか。
 だから「広場の思想」と主人公は、何の関係ないように思うのだが……何分、ずいぶん昔に読んだ作品で、断片的にしか覚えていない。「広場」だろうが「閉所」だろうが、得体のしれない危険思想を殺し屋に重ねたのは、ようするにあの時代の気分のようなものの反映だろうという気もする。まあ、いいか(笑)。
 まちがいがあるかもしれないということを前提に続けると、ザ・テロルはかつて別の顔を持った暗殺者であったということが語られていたように思う。ライフルの持ち方を見て、それを指摘する登場人物がいたはずだ。
 さらにこの殺し屋もゴルゴ13と同じ《ゴルゴダの棺桶》の拷問を受けた経験があるということになっていた。だから作品の中で、どうもこれはゴルゴ13ではないかと思われる人物について語られる部分もあったように記憶している。
 もうひとつ、この殺し屋は特殊な麻薬によって、どこかの組織に縛られていたはずだ。それがどんな麻薬であるかは触れない。倫理規程――個人的な――に触れるので書かない、書きたくない(笑)。だが、とにかく彼は麻薬によって縛られている。後に彼は麻薬の縛りから逃れ、自由を手に入れる。文字通り、広場の男になるわけだ。
 物語のラスト、彼はセスナ機に乗って飛び立っていく。どこに行くのかはわからない。彼のパートナーが語りかける声がそこにかぶる。もちろん、劇画だから台詞が描かれているわけだが、内容はたしか、
「もう一度銃をとるために行くの、それとも捨てるために行くのか」
 と、そんな感じだったと思う。
 繰り返すが、何十年も前の記憶を頼りに書いている。断片的にしか覚えていないし、そもそも人間の記憶は曖昧なものである。自分の都合に合わせて風景を変えていくものだ。誤りがあれば申し訳なく思う。が、これはあくまでも私的な呟きということで御勘弁願いたい。

 ゴルゴ13ことデューク東郷とこの広場の男がどこかで重なる。何の根拠もないのだが、ゴルゴ13とテロルは同一人物ではないかと勝手に思っていた時期がある。もちろんそれは原作が小池一夫(この当時は一雄)さんだったからということもあるだろう。ゴルゴ13の初期には、小池一夫さんが参加していたはずである。
 もちろんゴルゴ13と『ザ・テロル』は別人なのだろう。凄腕の殺し屋という点で共通点はあるが、それを言い出せば、劇画に登場する殺し屋はみな同じようなところがある。凄腕というのは人間離れした殺人技術を持っているということで、悪人、犯罪者というよりも、ほとんど運命的な禍のような存在だ。

『ザ・テロル』のなかで語られる広場の思想がどんなものか、興味のある方はインターネットで探してみてください。検索すると出てくるはずだ。読んでいると、時代を感じさせる。中島みゆきではないが、あんな時代もあったのだ。
 ゴルゴ13のはじまりは1968年ごろだったと思う。『ザ・テロル』に関してはよくわからないが、時期的にそれほど違うとも思えない。初期のゴルゴ13や『ザ・テロル』を読んでいると、あのころが何となくわかる気がする。皆どんな気分で生きていたのか。アナーキーな時代だったのだ。
 この先、ゴルゴ13の正体が明らかになることはないのだろう。どこかへ飛び立った『ザ・テロル』は戻ってこないだろうが、デューク東郷は今も仕事を続けている。ゴルゴ13という作品は時々の時事ネタを取り入れている。
 しかし、どんなに新しい題材を取り上げても、たとえスペースシャトルに乗り込んで宇宙空間で狙撃を行ったとしても、どこかに懐かしい匂いがするのは、結局、デューク東郷が1960年代の生き残りであるからかもしれない。
スポンサーサイト

カテゴリ: 漫画

テーマ: 漫画の感想 - ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

Posted on 2009/04/27 Mon. 20:35    TB: 0    CM: 1

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| #

2012/08/30 10:14 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shang2.blog94.fc2.com/tb.php/215-76fec208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。