Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

善と悪の境界線――ジョーカー~許されざる捜査官 

 この新番組を感動をもってご覧になった方もいると思う。従って、もし何かの偶然、あるいは奇跡が起きて、このブログを見てしまった方のなかに、あの新番組を見て感動した方がいらっしゃれば、まずお詫びをしておきます(笑)。ごめんさい。ぼくはだめでした(笑)。

 近年稀に見るひどい番組だった。子どもが人を殺す場面があるからだめなのではない。子どもが殺されたからだめなのでもない。そういった残酷な現実もたしかにこの世界にはある。犯罪に手を染める警察官だっていないわけではない。
 さらにいえば筋立てが荒唐無稽だからだめだとも思わない。たぶんいま日本で放送されているドラマのなかで荒唐無稽でないものを探すほうが難しいと思う。物語は現実を映す鏡ではあっても、現実そのものである必要は少しもない。
 したがって、裏の顔を持つ警察官というテーマを決して否定するものではない。二つの顔を持つ警官というのは、やりようによってはかなり面白くなるはずなのに、もったいない話である。今回は第一回の放送だったが、この先に期待を持てるとも思えなかった。
 主人公の行動に共感できない。最後に悪を裁いてもカタルシスを感じない。薄っぺらな正義感だけがあるような物語だった。正義ほど胡散臭いものはない。独裁者の統治する国では、独裁者の正義が正義になりうる。自国民を収容所に送ったり、はたまた他国の国民を拉致するような行いが正義になる。

「そいつは法律がまちがっているんだ」
 ダーティ・ハリーのセリフである。稀代の殺人鬼《さそり》は法律では裁けなかった。だから個人的に射殺した。法で裁けない悪を超法規的に裁くというのは、『ジョーカー』も『ダーティ・ハリー』も同じといえば同じだ。しかし、このふたつは似て非なるものだ。
 法を厳正に守れば《さそり》を裁くことはできない。法の暴走を防ぐために、正義にもルールがある。法律は時に、善良な人々にも牙をむく。だから、厳正で厳密な執行が必要なわけである。それがときにはもどかしく感じられても、そういう社会だからこそ善良な人々も安心して暮らせる。
 ハリー・キャラハンはおそらくそのことを承知していたのだろう。承知の上で、先のセリフである。無差別殺人鬼を許せなかったのは私憤である。だから《さそり》を射殺したとき、バッチを捨てたのだ。法の番人である自分が、自分の意志で法を破った。だから警察官を捨てたのである。
 ところがわが日本の『ジョーカー』は警官を隠れ蓑して人殺しを重ねる。この人物にはハリー・キャラハンの覚悟がない。ぼくにはこの主人公が権力を手にしたただの殺人鬼に見える。彼が私的に裁いた犯罪者と同じである。手に権力を握っている分だけ、まだ性質が悪い。最悪の主人公だ。
 もし、この物語が狂人同士の共食いという視点から描かれていれば、画期的なドラマになったと思う。人間のなかにはたしかに口にできないような狂気や欲望が潜んでいる。裁いているつもりの男が、その行為によって自分が裁かれ、やがて破滅するというのはそれなりに面白と思う。それともこの物語はやがてそのように展開していくのだろうか。
 もし、制作側の狙いが必殺の現代版だったのだとすると、大勘違いだ。仕事人たちは自分たちも悪党であることを知っている。『ジョーカー』は、主人公が正義を行っていると思っている分、見ていて不愉快である。善と悪がそれほど簡単に色分けできるものなら、誰も苦労はしない。
 それに必殺は過去のお話である。おとぎ話として遠慮なく楽しむことができる。しかし、これが現代となると話が変わってくる。人情の手が届く範囲で作るべき物語でないと思う。かつて『ハングマン』という必殺の現代版を狙ったドラマがあったが、主人公たちは悪党を殺さなかった。
 実に長閑で緩んだような話で、見ていて面白いとも思えなかった。しかし、その緩さが救いでもあったのだと『ジョーカー』を見て気づいた次第だ。いろいろと不満のある現代ではあるが、晴々としないのが実際の人生だと思い、耐えることも必要なのではないだろうか。
スポンサーサイト

カテゴリ: テレビドラマ

テーマ: テレビドラマ - ジャンル: テレビ・ラジオ

[edit]

Posted on 2010/07/15 Thu. 19:55    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。