Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

グロテスク 

『崖の上のポニョ』をテレビで見て以来、宮崎駿について考えている。ぼくにとって、宮崎駿の最高傑作は『トトロ』でも『ナウシカ』でもない。『ルパン三世・カリオストロの城』である。この考は変わらない。
 ぼくにとって『カリオストロの城』は、最初に見た宮崎アニメだった。宮崎アニメの最初の体験だったということを割り引いても、この作品は物凄いと思う。著者は忘れてしまったが、以前とある書籍でこの『カリオストロの城』について、
「日本映画にかつて存在したか、あるいはついに存在することがなかった本格的冒険映画」
 と、書かれていた。詳しいことは、いま手元にその書籍がないためわからないが、内容はそんな感じだったはずだ。読んだとき、深く頷いた。日本映画に本格的冒険映画がなかったとは思わないが、そう思えるほどにこの映画の持つ躍動感、飛翔力は凄かった。
 宮崎・高畑コンビといえば『太陽の王子ホルス大冒険』という傑作がある。子供のころに見ていたく感動したのを覚えている。しかし、興行的には失敗したという話を大人になってから知り、少し意外な気がした。

 で、『もののけ姫』である。これを見たときは正直びっくりした。もし、これを実写でやれば今村昌平だと思った。『神々の深き欲望』である。これはとんでもない話である。誰も描かなかった日本だ。あの黒澤さえも描かなかった日本である。その意味で、これは画期的な映画だと思った。
 淀川長治さんが、
「ほんとうの倭の姿がありますねえ」
 と、いっていたのが印象に残っている。
 ただ、どうしてあの映画に、老いも若きも、男も女も、大人も子供もおしかけたのかよくわからない。宮崎駿の絵柄に騙されたのだろうか。個人的な意見だが、あれは家族で見られるような穏やかな話ではない。宮崎駿の企みに、皆うまうまと乗せられたのではないかという気さえする(笑)。
 もちろん大傑作である。ただ個人的には、感動しつつも好みではないなと思うだけだ。あまりグロテスクな話は好きではない。『もののけ姫』はまちがいなくグロテスクだ。あそこで描かれたのはいつも変わらぬ人間たちの無限地獄だ。感動するが、それは負の感動だ。ぼくにはそう思えてならない。
 さて、ぼくにとって『もののけ姫』という作品を一言でいえばどういうことになるか。
「だまれ小僧!」
 である。
 宮崎駿の絵に美輪明宏の声、というか演技力がかぶり、劇場の空気が震えるかという凄さである。もしかすると宮崎駿はあの一言のためにこの映画を作ったんじゃあるまいかと勝手に思っている(笑)。
 モロの君の放つあの一言の響き。まさに一撃である。あれがすべて、といっても過言ではない。あの一言に秘められた巨大さと深さと複雑さが、そのまま映画の持つ巨大さと深さと複雑さだ。
 モロの君の声に美輪さんをあてた宮崎駿という人は確かに名監督だと思う。すぐれた監督は耳がいいといったのは井上ひさしさんだったと思うが、ここでもその言葉の正しさが証明された。
スポンサーサイト

カテゴリ: アニメ・映画

テーマ: アニメ - ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

Posted on 2010/02/15 Mon. 20:00    TB: 0    CM: 2

豆を食べる日々 

 豆料理が好きである。西部劇の影響以外のなにものでもない。荒野を旅するカウボーイたちが、ブリキの皿でたべているのを見て、あれはどんなものかと考えたのが始まりだった。子供のころのことだ。
 ジョン・フォードの傑作『荒野の決闘』のなかでワイアット・アープたちがブリキの皿で豆料理を食べ、水ではなく砂で皿の汚れを拭き取る場面があった。荒野を旅するというのはそういうことなのかと感心したのを覚えている。
 豆料理については淀川長治さんも金時豆のように甘いのかと思っていたと何かで書いていた。豆料理にまつわる映画では、豆料理ばかり食べていた金鉱堀の男が、念願かなって金鉱を掘り当てたとき、ステーキを真中に置いて、その周辺を豆料理の皿で囲み、
「どうだ、この野郎」
 と、ばかりに食べはじめる場面のことを話していた。
 ようするに豆料理というのは貧乏人の食い物ということなのだろうか。それとも彼の地の食文化の根幹をなすものと考えるべきなのか。日本でいえばご飯と漬物、味噌汁という感覚なのだろうか。ご存知の方がいれば教えていただきたい。
 そういえばベイクド・ビーンズはイギリスでもよく食べられているらしい。アメリカとイギリス、どちらが本家でどちらが元祖なのか。興味のあるところである。アメリカ、イギリスともに食文化に関しては、貶されこそすれ褒められることの少ない国である。
 しかし、以前アメリカに住んでおられた方から、普通の物が普通にうまいという話をうかがったことがある。正確にいうとミクシィの日記のコメントとしていただいたものだった。プレスリーが好きだったピーナッツバターバナナサンドは決してまずいものではないという話も聞いたことがある。
 バナナの話ではない。豆料理だ。今年の正月、缶詰の豆料理を買ってきて食べた。以前はよく食べていたのだが、ここ何年か、年齢のこともあり食べていなかった。健康第一である。今回食べてみて、いささかショックなことがあった。美味しくなかったのである。なぜなのか、今も考え続けている。
 世界で一番豆料理の多い国はブラジルらしい。豆は栄養価が高く、しかも痩せた土地でもできる。ブラジルは奴隷の多い国だった。年間10キロ以上食べるらしい。ちなみに二位はトルコ、以下はメキシコ、インドだそうである。
 そのブラジルの代表的な豆料理フェジョアーダだが、名前をはじめて知ったのは平井和正氏のウルフガイシリーズのなかのひとつ『リオの狼男』だった。我らがウルフガイ、犬神明がブラジルはリオに乗りこんで大活躍する話だ。そこにフェジョアーダが登場する。、実際に食べたのはそれから二十年以上もたってからだった。
 食べた感想は、
「凄い!」
 で、あった。
 正直美味いとは思えなかった。塩辛く、脂っぽく、なんだか強烈な味だった。日本人の感覚にはない味だ。一応、マニュアルに則って(笑)長粒米まで手に入れて、塩とニンニクで炊き上げ、フェジョアーダをかけて食べたのが、ぼくには少し、いやかなりきつかった。
 繰り返しになるが豆は栄養価が高く、やせた土地でもできる。実に結構な食物なのだ。だが、その一方で毒性が強く、うまく調理しないと危険な食べ物でもある。ものを食べるというのは、実は凄い冒険だったということがわかる。

カテゴリ: 食べる

テーマ: ご飯日記 - ジャンル: グルメ

[edit]

Posted on 2010/02/03 Wed. 19:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。