Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

彼女に似合う曲――中村中 

 最近、彼女の姿を見かけることが多いからだろう。いつになく考えることが多い。
 彼女というのは中村中さんのことだ。
 音楽はどんなジャンルのものでも好きだ。それぞれのジャンルのなかに好きな曲があり、そもそも音楽をジャンルなどという囲いの中に押し込めてしまうのはどうかと思う。たとえば偉大な長谷川きよしはどんなジャンルの歌をうたっても長谷川ブランドに変えてしまう。ずいぶん昔に『寄席芸人伝(だったと思うが)』というマンガの登場人物が、
「職業に貴賎はない。ただ本物かそうでないかがあるだけだ」
 というセリフがあったが、その通りだと思う(表現はちがうと思うが概ねこんな意味だ)。
 このセリフを真似ていえば、
「音楽のジャンルに意味はないかもしれないが、好みの曲と好みでない曲があるだけだ」
 というところか。
 ジャンルの話はさておき、中村中さんに歌ってもらいたいと思う曲がいくつかある。ジャンルをこえて何でも歌える歌手だ。器用になんでもこなすという意味ではない。中村中が歌えばどんなジャンルの歌も歌謡曲になる。稀にみる歌謡曲歌手だと思っている。
 好きな歌手に藤圭子さんがいる。ヒッキーのお母さんとしていまや有名だし、あるいは空港で大金を持ってうろついていたとか、一種の奇行で有名になってしまったが、歌手としても相当な人だった。過去形で書かなければならないのがつらいところだが。余談だが楳図かずおさんの『おろち』のモデルはこの人ではないかと思うことがある。そういえば『おろち』のなかに主人公のおろちが、ギターを抱えて流しをしている場面があったように思う。
 藤圭子さんの曲で有名なのはもちろん『夢は夜ひらく』なのだろうが、個人的には『面影平野』、これが好きである。阿木曜子、宇崎竜童によるこの曲は、《カタカナ演歌》を標ぼうしていた宇崎さんらしい曲だと思う。

 女ひとりのすまいにしては
 わたしの部屋には色がない

 という歌詞はかなり好きである。『夢は夜ひらく』はすでに歌っている。今度は『面影平野』をカバーしてもらいたいものである。
 石川セリさんの『八月の濡れた砂』も歌ってもらいたい曲だ。石川セリさんはNHK少年ドラマシリーズ(だったと思うが)の『つぶやき岩の秘密』のテーマ曲を歌っている。『遠い海の記憶』は名曲です。これも歌ってもらいたい。
 こ『東京ワルツ』という名曲がある。れはたしか何人もの人が歌っていたと思う。さしてヒットもしなかったのだろうが、これはいい曲です。

 男が悪い
 東京が悪い
 だまされる女はなお悪い
 三拍子揃った東京ワルツ

 という歌詞の部分がとても好きである。
『酔いどれ女の流れ唄』というのも好きな曲だ。みなみらんぼう氏の作詞作曲だったが、加藤登紀子さんも歌っていたはずだ。地味な曲だがなんともうらぶれた感じの曲で、この感じは中村中さんなら十分すぎるほど出せると思う。
 長谷川きよしさんの『心中日本』は壮大な演歌だが、これもいつか歌ってもらいたいと思う。この曲は湿度の高い日本の風土が生んだ演歌(韓国のメロディがベースになっているらしいが)の本質をついたような曲で、いつかも書いたが『心ノ中ノ日本』としなければ発売できなかった曲である。長谷川きよしさんなら『ダンサー』という曲もいいかもしれない。歌謡曲的ではないが、

 いつでも彼の後ろには
 小さな女が立っている
 暗い目をしたダンサーは
 あたかも彼の影のよう

 とうたう『ダンサー』は中さんが持っている闇の部分によく似合う曲だと思う。
 北原ミレイさんは偉大な歌手だ。『ざんげの値打もない』は上条恒彦さんもいつかラジオで好きだといっていた記憶がある。この曲をもとにした映画があったはずだが見たことはない。北原ミレイさんの曲では『石狩挽歌』が有名だが『漁歌』も好きだ。『漁歌』は北島三郎さんで有名だが、ぼくは北原ミレイさんのほうが好きである。北原ミレイさんの『漁歌』は方言で歌われていたはずだ。
 中島みゆきさんの曲では『夜風のなかから』という曲が好きだ。男が昔捨てた女のことを思って歌う歌だが『汚れた下着』をうたった中さんなら見事にうたえるだろう。中島みゆきさんの曲では『化粧』も好きだが、これもうたってもらいたい。
 山崎ハコさんの『サヨナラの鐘』もうたってほしい曲だ。
 他にも中村中の歌できいてみたい曲はたくさんある。
スポンサーサイト

カテゴリ: 音楽

テーマ: 音楽 - ジャンル: 音楽

[edit]

Posted on 2008/03/26 Wed. 13:33    TB: 0    CM: 0

普通の小説としての『ロング・グッドバイ』 

 ようやく村上春樹訳の『ロング・グッドバイ』を読みはじめた。『長いお別れ』ならずいぶん前に読んだことがある。まだ十代のころで清水俊二さんの訳だった。
『ロング・グッドバイ』と『長いお別れ』は同じ小説だが、まったく別の小説のようだ。どちらがいいというわけではもちろんないが、清水俊二さんの訳のほうがハードボイルド小説の雰囲気を濃く持っていたような印象がある。もちろんこれは個人的な感想である。
「ハードボイルド小説とはなにか?」
 という根本的な問いかけに対してこたえられるほど博識ではないので、そのあたりは適当に無視して書き進める(笑)。
 ハードボイルド小説といえばチャンドラーとハメットだが、どちらが好きかといえばハメットである。ハメットのあの血も涙もない乾いた感じが、感傷的で湿度の高いチャンドラーよりも好きだ。
 ではチャンドラーが嫌いかといわれればもちろんそんなことはない。嫌いなら『長いお別れ』と『ロング・グッドバイ』を読んでみようなどとは思わない。チャンドラーにかんしていえば長篇はすべて読んでいる。比較の問題としてチャンドラーよりもハメットのほうが好きだというだけのことだ。さらにいえばハードボイルド作家として見た場合という前置きもつく。
 チャンドラーの作品がハードボイルド小説であるとして、原文はいったいどんな感じなのだろう。絶望的なほど貧しい英語力しかないぼくには判断のしようがない。チャンドラーの紡ぎ出す数々の感傷的な独白ときざなセリフが、原文ではどう表現されているのか、それは他の英語表現と比べてハードボイルド小説的なのかどうか。村上春樹さん訳の『ロング・グッドバイ』を読みつつ考えてしまった。
 ハードボイルド作家と位置づけられるチャンドラーの作品はそれなりにハードボイルドなのだろうか。訳文で読んでもハードボイルド小説の始祖たるハメットの文章とはずいぶんちがう。
 チャンドラーを訳した人は、三人だけ知っている。田中小実昌氏と有名な清水俊二氏、それと今回の村上春樹氏である。いや稲葉明雄氏を含めれば四人か……まあいいだろう。
 田中小実昌氏の訳で読んだのは『高い窓』だったはずだ。一人称で語られるフィリップ・マーローの物語は「私」という一人称代名詞が使われることが多いが、田中小実昌氏のものは「おれ」になっていた。するとマーローの印象はずいぶんちがったものになった。清水俊二氏の訳に代表される「私」のマーローは知的な紳士だが、田中小実昌氏の「おれ」で語るマーローはインテリやくざといったところだ。ハードボイルドというなら、案外小実昌さんの訳のもののほうが近いのかもしれない。原文の雰囲気ははたしてどちらなのか知りたいと思うのはこういうときである。
「安物のバーボン、フォアローゼスを飲みつつぶつくさ文句をいっている」
 たしか小実昌さんはフィリップ・マーローについてそんなことを書いていたような記憶がある。もしかすると記憶違いかもしれないが、とにかくフィリップ・マーローの知的で感傷的な独白も、きざなセリフも、「ぶつくさ文句」と言い切ってしまうあたり田中小実昌さんもずいぶんハードボイルドだ(笑)。
 村上春樹氏の訳で読むチャンドラーは、私立探偵を主人公にした普通の小説のようだ。
 最初に読んだ十代のころ、『長いお別れ』はとくに面白いとは思えなかった。それはチャンドラーの責任ではないし、まして訳者の清水俊二さんの責任でもない。ようするに田舎の少年にとってチャンドラーの描くハードボイルド的世界はあまりにも遠すぎたということだろう。
「ギムレットには早すぎる」
 などといわれても、
「え? そうなんですか?」
 と、きょとんとするだけだ。
 くらべてハメットの『血の収穫』は、チャンドラーの小洒落た世界よりも理解しやすかったのは事実だ。血と暴力は大嫌いだが、普遍的でもある。世界のどこに行ってもこればかりは変わらない。
 いま『ロング・グッドバイ』を読み、非常に面白いと思う。それは村上春樹氏の訳で普通の小説に仕立て直されたからかもしれないと思ったりもする。もちろん読み手(ぼくのことです)が馬齢を重ねたこともあるだろう(笑)。しかし、そういったこととは別に、村上版『ロング・グッドバイ』はことさらハードボイルド小説であることを意識せずに、アメリカのある時代を描いたちょっと変わった感じの小説として読めるからだ――そんなことを思ったりする。

カテゴリ: 読書

テーマ: 海外小説・翻訳本 - ジャンル: 小説・文学

[edit]

Posted on 2008/03/24 Mon. 17:19    TB: 0    CM: 0

鹿がしゃべる、そんなばかな…… 

SA350094.jpg


『鹿男あおによし』という番組にはまっている。そんなわけで奈良公園に行ってきた。
 写真の鹿は、奈良公園でよってきた鹿である。
 思わず、
「さんかく、さんかく……」
 と話しかけてみたが、返事はしてくれなかった(笑)。
 鹿の言葉をきけなかったことはたぶん幸せなことなのだろう。鹿の言葉をきいた瞬間、世界は崩壊するような気がする。
 時計の針を過去に戻せば、しゃべったのはなにも鹿だけではない。アメリカの古いテレビドラマに『ミスター・エド』というのがあり、これは馬がしゃべるというお話だった。
 ちなみに主題歌は、

 馬がしゃべる そんな馬鹿な

 というまさに馬と鹿が最初から登場する逸品だ。ずいぶん昔のドラマで見たときはまだほんの子供だった。内容はうる覚えだが、まったりとしたユーモアが満載の作品という記憶がある。ミスター・エドは主人公とだけ話をしていたはずだ。このあたり、どこかに『鹿男あおによし』の香りがあるが、エドが登場するお話は、アメリカが地下に潜むナマズのせいで崩壊するかもなどという物騒なお話ではなかった。

 鹿男とは関係ないが馬鹿という言葉の語源については諸説あるらしい。
 そのなかのひとつに、秦の時代の中国、第二代皇帝胡亥のころ権勢をふるった宦官趙高が鹿を連れてきて、
「これは馬でございます」
 といったという。
 皇帝は鹿だといったが、群臣は趙高を恐れて馬だといった。権力の怖さだ。
 聞いた別の話では、趙高が鹿を馬だといったとき笑った者はみな殺されたともいう。
 怖い話だ。

カテゴリ: テレビドラマ

テーマ: 鹿男あをによし - ジャンル: テレビ・ラジオ

[edit]

Posted on 2008/03/18 Tue. 21:48    TB: 0    CM: 0

中村中と恨み節 

 一度もあったことはないが、とても素敵な人がいて、その人から中村中が映画『女囚701号さそり』の伝説のテーマ曲『恨み節』を歌うということを教えてもらった。
 正直なところこれは盲点だった。
 このてがあったかと、目から鱗がおちた――か、あるいは目に鱗が飛びこんだか、とにかく
「あっ!」
 と、思わず驚きと感動の声をもらし、ぽんと膝を叩いてしまった。
 何度も書いたことだが、中村中という人には一種の毒――あるいは深い闇を抱えているようなところがあり、誰が考えたのか『恨み節』を彼女に歌わせるというのは、いってみればアイデア勝ちだ。
『鳥の群れ』という曲が中村中にある。ヤフー動画で見ることもできるが、この曲を聴いていると、中村中という人は聴き手の心のなかにある怨念や情念を揺さぶることのできる歌手なのだということがよくわかる。デビュー曲の『汚れた下着』からして一種の恨み節だった。あの『友達の詩』でさえ美しくはあるが、とどかない思いに悶え苦しんでいる心の叫びのようなもので、美しいばかりではおわらないつらさがある。感動するが、その感動には、常に影がついてまわる。
 CD化される予定はないそうだが、中村中のうたう『恨み節』はやはり聴いてみたい。

 今回、水野美紀主演で映画化される『女囚さそり』は香港映画だという。期待しつつも、ぼくにとっては『女囚701号さそり』だ。
《701号》が入るか入らないか、大きなちがいがある(軽い冗談です)。もちろん主演は梶芽衣子。かっこよかったです。文句なし。
 この映画のなかで主演の梶芽衣子のセリフは二つだったはずだ。主人公がこれだけ喋らない作品というのはあまり記憶にない。観客のストレスをためるためだけに制作されたとしか思えないマカロニウエスタン『殺しが静かにやってくる』の主人公は、ついに一言もしゃべらないが、この主人公は喋ることができない設定だった。『女囚701さそり』のヒロイン松島ナミは自らの意志で話さないのだ。
 原作も読んだことがある。ビックコミックに連載された原作と映画はずいぶんちがった。松島ナミは映画ほど無口ではなかった(笑)。原作の劇画は映画ほど劇画的ではなかったように思う。
 映画『女囚701さそり』が映画史にのこる傑作などとは思えないが、若き日のクールでビューティーな梶芽衣子を見るだけでも価値がある。
 主題歌『恨み節』も梶芽衣子が歌っていることは、いまさらいうまでもないだろう。
 こののち梶芽衣子はブレイクしてテレビドラマでも『戦国ロック はぐれ牙』というカルトな作品に出ていた。こちらのほうはさっぱり視聴率が稼げなかった。そうだタンラティーノをしびれさせたらしい『修羅雪姫』もあった。
 梶芽衣子の歌う『恨み節』は乾いていてハードボイルドな雰囲気があった。これはこれでよかった。
 余談だが、ハイレグの女王岡本夏生もさそりを演じて主題歌も歌っていたが、これはまあちょっとである。世間はどうでもぼくはあまり認めたくない。小声でいうが、これはお笑いだ。
 とにかく中村中さんのうたう『恨み節』を期待しよう。映画よりもこちらを期待しているくらいだ。

 ちなみに『女囚さそり 701号恨み節』もそこそこ好きだった。この映画は前半部が特に好きだ。この作品で若き日の田村正和さんを見ることができる。細川俊之さんも出ていたはずだ。

カテゴリ: 中村中

テーマ: 音楽 - ジャンル: 音楽

[edit]

Posted on 2008/03/17 Mon. 14:05    TB: 0    CM: 0

再開…… 

 ずいぶん長いあいだこのブログを放置してきたが、理由は簡単でようするに私生活が多忙を極めていたというだけのことである。この間もミクシィのほうにはちょこちょこと日記などを書いていたが、ブログのほうまで手が回らなかった。
 さほど読者がいるわけでもないが、あまりにも長い開店休業状態でもどうかなという気もしてきたことだし(笑)、またちょこちょこと徒然なるままにキーボードをたたいてみようかと、そんな気になってきた。
 まあそんなわけで……


カテゴリ: 日記

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

Posted on 2008/03/15 Sat. 23:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。