Gitanの趣味

ひたすら趣味の道を走っています(ニヤリ)

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

グロテスク 

『崖の上のポニョ』をテレビで見て以来、宮崎駿について考えている。ぼくにとって、宮崎駿の最高傑作は『トトロ』でも『ナウシカ』でもない。『ルパン三世・カリオストロの城』である。この考は変わらない。
 ぼくにとって『カリオストロの城』は、最初に見た宮崎アニメだった。宮崎アニメの最初の体験だったということを割り引いても、この作品は物凄いと思う。著者は忘れてしまったが、以前とある書籍でこの『カリオストロの城』について、
「日本映画にかつて存在したか、あるいはついに存在することがなかった本格的冒険映画」
 と、書かれていた。詳しいことは、いま手元にその書籍がないためわからないが、内容はそんな感じだったはずだ。読んだとき、深く頷いた。日本映画に本格的冒険映画がなかったとは思わないが、そう思えるほどにこの映画の持つ躍動感、飛翔力は凄かった。
 宮崎・高畑コンビといえば『太陽の王子ホルス大冒険』という傑作がある。子供のころに見ていたく感動したのを覚えている。しかし、興行的には失敗したという話を大人になってから知り、少し意外な気がした。

 で、『もののけ姫』である。これを見たときは正直びっくりした。もし、これを実写でやれば今村昌平だと思った。『神々の深き欲望』である。これはとんでもない話である。誰も描かなかった日本だ。あの黒澤さえも描かなかった日本である。その意味で、これは画期的な映画だと思った。
 淀川長治さんが、
「ほんとうの倭の姿がありますねえ」
 と、いっていたのが印象に残っている。
 ただ、どうしてあの映画に、老いも若きも、男も女も、大人も子供もおしかけたのかよくわからない。宮崎駿の絵柄に騙されたのだろうか。個人的な意見だが、あれは家族で見られるような穏やかな話ではない。宮崎駿の企みに、皆うまうまと乗せられたのではないかという気さえする(笑)。
 もちろん大傑作である。ただ個人的には、感動しつつも好みではないなと思うだけだ。あまりグロテスクな話は好きではない。『もののけ姫』はまちがいなくグロテスクだ。あそこで描かれたのはいつも変わらぬ人間たちの無限地獄だ。感動するが、それは負の感動だ。ぼくにはそう思えてならない。
 さて、ぼくにとって『もののけ姫』という作品を一言でいえばどういうことになるか。
「だまれ小僧!」
 である。
 宮崎駿の絵に美輪明宏の声、というか演技力がかぶり、劇場の空気が震えるかという凄さである。もしかすると宮崎駿はあの一言のためにこの映画を作ったんじゃあるまいかと勝手に思っている(笑)。
 モロの君の放つあの一言の響き。まさに一撃である。あれがすべて、といっても過言ではない。あの一言に秘められた巨大さと深さと複雑さが、そのまま映画の持つ巨大さと深さと複雑さだ。
 モロの君の声に美輪さんをあてた宮崎駿という人は確かに名監督だと思う。すぐれた監督は耳がいいといったのは井上ひさしさんだったと思うが、ここでもその言葉の正しさが証明された。
スポンサーサイト

カテゴリ: アニメ・映画

テーマ: アニメ - ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

Posted on 2010/02/15 Mon. 20:00    TB: 0    CM: 2

花も紅三四郎・パート2 

 古い話ばかりするのはどうかと思いつつ、今日もまた古い話だ(笑)。『紅三四郎』である。いまでもときどき、この作品を思い出したりする。ブログやミクシィでもこの作品のことは何度か触れている。
 ジャンルでいえば、格闘技アニメということにでもなるのだろう。異種格闘技戦をテーマにした最初のアニメ作品ではなかったろうか。映画『姿三四郎』の中にも異種格闘技戦は出てくるが、少なくとも異種格闘技戦そのものをテーマにした作品としては、第一号ではないものの、先駆的な作品ではあったと思う。
 深読みすれば、グレーシー柔術の元祖、コンデ・コマこと前田光世氏がモデルではないかと思ったりした。どの格闘技が地上最強かというのはテーマとしては面白い。が、専門家によれば、地上最強の格闘技があるのではなく、地上最強の格闘家がいるだけだということらしい。
 その観点に立てば、紅三四郎はまちがいなく地球上でもっとも強力な格闘家のひとりである。このブログでも書いたが、戦わなかった相手は、ゴジラと宇宙人くらいである。たった一人を除き、すべてに勝っている。なにせ虎にも勝ったのだ。猛獣どころか、この世には存在しないものとも戦っているのだからもの凄い。

『紅三四郎』はたぶんアニメの方が圧倒的に有名だと思うが、はじめて目にしたのは『少年サンデー』だったと思う。面白さの比較ということになると、たいていは原作の方が面白いというのが相場だ。
 この作品に限っていえば、アニメの方が面白かった。そもそも、あれは雑誌連載がほんとうに原作だったのかという疑問が残る。それほど原作とアニメはかけ離れている。タイトルだけが同じで、別の話だと思った方がいいくらいである。共通点は親の仇打ちがメインのストーリーであるということと、仇が隻眼の武術家であるという点くらいだった。
 雑誌連載に関していえば、こちらは青年武術かの修行物語的なイメージがあった。正直、あまり面白くなかった。破天荒な面白さはアニメの方が百倍も上だった。ただ、破天荒、もしくは荒唐無稽という点についていえば、確かに共通点はあった。
 雑誌においても紅三四郎は《猫魔一族》だったと思うが、半獣化した柔術家一族と戦っていたはずだ。もっともアニメの方では、砂漠でミイラとも戦っていた記憶があるから、たかだか猫のような柔術家など驚くほどではないのかもしれない。

 昨今はリバイバルブームだ。ハリウッドも日本のアニメを映画化したりしている。同じ竜の子プロの作品、『マッハGoGoGo』もハリウッドで映画化されている。格闘技ブームの今日だ、『紅三四郎』はけっこう面白い題材になるような気がする。

カテゴリ: アニメ・映画

テーマ: アニメ - ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

Posted on 2009/05/15 Fri. 14:13    TB: 0    CM: 0

カリオストロの影 

 宮崎駿氏が書いた手塚治虫に対する批判的な文章を読んだことがある。それは手塚治虫のアニメに対するものだった。宮崎さんが手塚治虫の批判をしたことは特に気にならない。何といっても作家である。そういうこともあるだろう。宮崎さんの批判は、かなり専門的なことで、素人にはわからない部分も多々あった。手塚治虫も他の作家に対して、辛辣なところがあった。やはり一筋縄ではいかない人たちのようだ。
 それはさておき、宮崎作品の中で何が一番好きかといえば、『ルパン三世・カリオストロの城』である。この作品はトトロよりもナウシカよりもラピュタよりも、その他の宮崎作品のどれと比べても好きである。もちろん個人的な話だ。さらにいえば気を衒っていっているわけでもない。正真正銘、本心からこの作品が好きである。好みの問題だ。
 この作品に登場するルパンが、実はモンキー・パンチの原作とはかなりちがうということもわかっている。原作に近いというのならクローン人間を扱った劇場版第一作のほうが近かったろう。
 しかし、そういうことも含めて、この作品が結局、その後のルパンを決定付けたように思う。『カリオストロの城』は、ほとんど奇跡的に優れた作品だった。
 ルパン三世の新しい作品が公開されるとき(かつては劇場で、いまはテレビで)、あるいはと思う。『カリオストロの城』の再現があるのではないかという期待――とまでいえるかどうかわからないが――を、微かながら持ってしまうのだ。そういうことはないだろうということも、もちろんわかっている。ただそれでも、もしかすると……という気持ちを抱いてしまうことを押さえきれない。
 作り手の側にも、もしかするとそれはあるのではないかという気がするときがある。言葉はわるいがそれは呪縛のようなものかもしれない。『カリオストロの城』は大いなる番外編だったという文章を読んだことがある。そのとおりだと思う。ただ番外編の完成度が、実写も含めた日本映画のなかで屈指というものだったために、作り手も意識せざるをえないのではないのだろうか。
 いくら待っても『カリオストロの城』はもう現れないのなら、ここらあたりでまったく新しいルパン三世を見たいような気がする。宮崎氏が描いた心優しいルパンではなく、ハードボイルドにふったルパンもいいかもしれない。

カテゴリ: アニメ・映画

テーマ: 日記 - ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

Posted on 2007/09/14 Fri. 22:30    TB: 0    CM: 2

ガンダム…… 

 映画版『機動戦士 Zガンダム』はテレビシリーズとラストが違った。ぼくは映画の方が好きだ。あのころ原作者である富野さんはなにか辛いことでもあったのだろうか。何が何でも、主人公を破滅に追いやりたがっていたように思えてならない。
 主人公がある種の挫折に遭遇するという物語はもちろんありだと思う。そうすることによって、感動が生まれる場合もある。
 しかしだ、ただ不快なだけという場合もある。たとえば、
『殺しが静かにやってくる』
 というマカロニウエスタンが昔あったが、これなど不快の極みのようなストーリーだった。幸いにしてぼくは劇場で見ていないが、見た人はさぞ不愉快だったろうと思う。
 で、ガンダム。テレビ版『Zガンダム』はこの『殺しが……』と同じような不快さを感じた。主人公はやたらと殺してはいけないし、挫折させてはいけないと思う。もしそれをしたいのなら、ロボットものでは無理だと思う。これはあくまでも私的な感想です。
 あの購買意欲をそそるようなデザインのロボット(モビルスーツ)に乗って戦う主人公は、どんな背景を与えてもヒーロー以外のなにものでもない。まして、ニュータイプと呼ばれる一種のミュータント。そんな主人公が、はずみとはいえ死ぬことがあるとは思えない。この場合は、生き残ることの悲劇だろう。愛するものを全て失い、守るべきものを全て失い、死に場所を求めて彷徨いながら、結局生き残ってしまう。それしかないだろうとぼくなどは思うのだが。

 白土三平の『サスケ』のラストがけっこう悲劇的だった記憶がある。家族をなくし、赤ん坊もなくしたサスケが荒野を流離うところで物語りは終わったような記憶があるのだが、その後、少年サンデーが何かに連載された『サスケ』はもっと明るかったように思う。アニメ版はもっともっと長閑だった。
 いずれにしても『ガンダム』シリーズで戦争の悲劇を訴えるのは無理だと思う。もしそれをしたいのなら、ガンダムのデザインを、血も涙もない兵器そのものにするべきだろう。ガンダムは戦う姿がかっこよすぎるのだ。主人公も敵役さえもかっこいい。これで戦争の悲劇はとても訴えられないだろう。戦う者のかっこよさばかりが強調されている。
 だからといって批判しようとは思わない。あれは物語なのだ。お話である。目くじらを立てて、非難するよりも、大いに楽しみたい。できのいいところも、悪いところも、全て楽しみたいと思っている。

カテゴリ: アニメ・映画

テーマ: アニメ - ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

Posted on 2007/05/16 Wed. 22:11    TB: 0    CM: 0

花も紅…… 

 もちろん、三四郎だ。
 しかし、どうして三四郎というと柔道なのだろうか。夏目漱石ではどうしてないのだろう――って三四郎=姿三四郎を連想するのは、ぼくだけだろうか。
 いきなり余談だが、黒澤明のデビュー作は『姿三四郎』だったが、富田常雄のこの小説を選んだ理由は、タイトルが気に入ったからだと言う。黒澤明は小説の内容を知らずに、タイトルだけを見て、映画化を決めたのだという。摩訶不思議な感覚だが、このあたりが天才の天才たる所以だろう。

 それはともかく、『紅三四郎』というアニメを知っている人が、いまこの時代に何人いるのか、とても興味がある。三四郎という名前が示すとおり、これは柔道、正確には柔術家の物語だ。もとは「少年サンデー」か何かに連載されていたと思うが、面白さから言えば、断然アニメの方が面白かった。なぜって、思いっきり荒唐無稽だったからだ。ここまで思い切りが良いとスカッとして、細かいことなんてどうでもよくなってくるからもの凄い。
 紅三四郎は紅流という柔術を使う。父が創始者なのかそれとも伝承者なのか知らないが、とにかく、その父が片目の武道家に野試合で殺される。昔の話ではない。現代、といってもまあ三十年以上前の日本ではあるが、それでも立派な昭和だ。いくらなんでも、人の生き死ににかかわる野試合が行われたとは思えないのだが、すでにここから荒唐無稽全開である(笑)。
 で、息子である三四郎は父の仇を追って世界を放浪する。日本ではない世界を放浪する。どうだ、凄いだろう(笑)。
 しかも三四郎は紅号というバイクに乗り、子供と犬を連れて、世界中を、父の仇を探して旅をする。パスポートはどうなってるんだ? 旅費は? 子供は学校に行かなくてもいいのか? 等々、数々の疑問も紅流柔術の荒業でねじ伏せ、三四郎は旅を続けるわけだが、戦う相手が凄い。
 究極の異種格闘技戦だ。武道家はもちろんのこと、ガンマンや妖怪変化とも戦う。嘘ではない。砂漠の大王とかいうこの世の者ではないミイラ男と戦ったことがあるのだ。これが妖怪変化でなければ何なのだ。一度などは地底人と戦っていた。この時地底人が使った武術が「地底マグマ流」とかいうとんでもない代物だった。虎と戦ったこともある。怪獣や宇宙人と戦わなかったのが不思議なくらいだ。
 こうなると、紅三四郎は武術家というよりも、一種の超能力者ではないかと思えてくる。
 エンターテイメントは吹っ切れることが肝要というが『紅三四郎』を思い出すたびに、その通りだと深く頷く。
『ゲゲゲの鬼太郎』もリメイクされたことだし、このあたりで『紅三四郎』も何とかとならないものかと、実は密かに期待している。
 ちなみに主題歌は最初が美樹克彦さんで、その歌詞の中に、
「花も紅三四郎」
 というのがあった。
 二代目の主題歌が、堀江美都子さん。これがデビューであったのは有名な話だ。

カテゴリ: アニメ・映画

テーマ: 日記 - ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

Posted on 2007/05/08 Tue. 21:46    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。